髙田明氏はジャパネットたかたの社長時代、MC(司会)には社員を起用してきた。髙田氏によると、通販番組で実際に商品を売ることのできるのは、著名人や話すのがうまい人ではないという。

ジャパネット創業者の髙田明氏(写真:菅 敏一)
ジャパネット創業者の髙田明氏(写真:菅 敏一)

 通販番組でMCを著名な方や話すのが上手な方が担当すれば、商品が売れるのかといえば、実はそうではないことが多いです。

 意外に思われるかもしれませんが、例えば、著名人がMCを務めると、通販番組の主役がその方になってしまい、商品になかなか目がいかなくなります。すると、商品を売るという目的からずれてしまうのです。ある著名人は全然売れない結果を前にして、「本当に難しいですね」とおっしゃっていました。またきれいな日本語で流ちょうに商品を紹介したからといって、それがそのまま売れることにはつながらないことも、私はこれまでの経験から学びました。

 では、実際に商品を売ることのできるMCとは、どんな人なのでしょうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2938文字 / 全文3350文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ジャパネット創業者髙田明「今を生きる」経営」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。