前回の「孫正義vs起業家『深夜の30分1本勝負』 判断間違えれば数百億円失う」で見たように、ソフトバンクグループ内では世界中のユニコーン企業への投資プロセスの組織化・体系化が進んでいる。それと並んでもう一つ、「300年企業」を目指す知られざる経営手法がある。それが、機動的な方向修正だ。

 毎週月曜日、孫氏や後藤氏らグループの最高幹部が顔をそろえる重要会議がある。その名も「15年ビジョン会議」。15年という長期のイメージを幹部同士が3時間ほどかけて議論し、認識を共有するものだ。

(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)
(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 外部には公開していないが、ビジョン・ファンドの投資戦略の方向性や将来目標、資金繰りについても見直している模様だ。3~5年の中期経営計画だけでなく、最近では長期ビジョンを打ち出す会社も珍しくなくなっているが、週次で見直すのは異例中の異例。なぜそこまでするのか。

 孫氏は米航空宇宙局(NASA)による宇宙船「アポロ計画」になぞらえる。アポロ計画では、空気の薄さや飛ぶ方向など、打ち上げ前だけでなく打ち上げ後にも計算を繰り返し、文字通り軌道修正を加え続ける。そうしないと月までたどり着けないのだ。

 孫氏は言う。「ロケット1基を1カ所に届けるだけでも膨大な計算と微修正をやっている。微修正のない計画というのは、執念が足りないんじゃないか。僕は本気でやりたい」。投資の打率を少しでも上げ、大負けを回避するための一つの知恵なのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1611文字 / 全文2226文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「孫正義の「資本論」 巨大ファンドの内幕」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。