仕事で成果を出し続けていると、「転職」という選択肢が出てくるでしょう。『WORK 価値ある人材こそ生き残る』の著者であるmoto(戸塚俊介)さんは、「転職は、すればするほどより多くの経験を積むことになるので、自分の価値を高められる」と言います。連載第3回のこの記事では、よりレベルの高い転職をするために知っておくべきことと、年収交渉の方法をお教えします。

第1回=「努力しているのに会社が評価してくれない」という人の特徴 から読む
第2回=「言うことを聞く人」の価値が低い理由 から読む

今の会社の「出口」を知っておく

 社内の人たちがどの企業から転職して来たのか、反対に辞めた先輩たちがどの企業に転職していったのかをぜひ把握してください。わかる範囲でリストアップするとなおいいでしょう。
 「○○さんが辞めるらしい」「○○部長が転職活動しているらしい」と聞いたら迷わずごはんに誘いましょう。同じ会社の人の転職活動は、自分のキャリアの可能性の宝庫です。

 どんな転職活動をしているかだけでなく、「今は○○業界で、○○ができる人を求めているらしく、うちの会社よりいい年収だ」とか、「○○という会社が新規事業を始めるらしく、うちの競合になりそうだから、話を聞きに行ってみたらうちより成長の可能性が高そうだった」など、市場の状況などがリアルにわかります。情報を蓄積して、「次に自分が行けそうな会社リスト」を作っておきましょう。
 これをしておくと、今いるポジションから、他の企業のどのポジションに転職できるのか、何よりも強い目安になります。転職のときには、星の数ほどある求人から転職先を探すことになりますが、このリストが最も強力な武器になるでしょう。

<span class="fontBold">moto(戸塚俊介)</span><br>1987年長野県生まれ。新卒で地方ホームセンターに入社後、リクルートやスポットライト(現:楽天ペイメント)など複数社に転職し、営業部長や事業責任者などを務める。会社員として働きながら、自身の転職経験を基にしたウェブメディア『転職アンテナ』を立ち上げ、2021年4月に上場企業であるログリーへ事業を売却。現在はmoto株式会社の代表取締役を務める。著書『転職と副業のかけ算』(扶桑社)はベストセラーになり、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」にノミネートされた。Twitterのフォロワーは12.5万人で「本質的なキャリアや働き方が分かる」として、SNS(交流サイト)でカリスマ的な人気を誇る。
moto(戸塚俊介)
1987年長野県生まれ。新卒で地方ホームセンターに入社後、リクルートやスポットライト(現:楽天ペイメント)など複数社に転職し、営業部長や事業責任者などを務める。会社員として働きながら、自身の転職経験を基にしたウェブメディア『転職アンテナ』を立ち上げ、2021年4月に上場企業であるログリーへ事業を売却。現在はmoto株式会社の代表取締役を務める。著書『転職と副業のかけ算』(扶桑社)はベストセラーになり、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」にノミネートされた。Twitterのフォロワーは12.5万人で「本質的なキャリアや働き方が分かる」として、SNS(交流サイト)でカリスマ的な人気を誇る。

 もちろん、個人の能力あってのことなので、一概にこの会社に入ったら次はあの会社にいけるということにはなりません。しかし、同じ環境にいた人が「次に行った会社」がわかることで、「次に自分が転職するときの出口」が見えるようになります。

 いざ転職しようと思って情報を集めるよりも、前もって集めていたほうが、いい情報を多く持てます。こうして先回りして出口の選択肢を知っておくと、よりよいキャリアを考えることができるようになります。どんなことでもそうですが、出口が書いてある地図を持っている人と持っていない人では歩き方が大きく変わります。

 また、働いていくうちに自分の向き不向きや、上司が変わったり、環境が変わったりなど、自分の置かれる状況も変わってくるかもしれません。そのたびに「もしかしたら、ほかの選択肢のほうが自分にとっていいキャリアになる可能性もあるかもしれない」と迂回ルートも視野に入れながら、地図を修正していきましょう。おおよそ、2年から3年後の自分を考えていくと、市場価値の高いポジションを目指せるようになっていくと思います。

次ページ 年収交渉の方法