市場価値を上げるためには、何よりも「成果を出すこと」が大切です。『WORK 価値ある人材こそ生き残る』の著者であるmoto(戸塚俊介)さんは、「会社にキャリアを用意してもらうという受け身の姿勢では、自分から仕事で成果を出しにいくことはできない」と言います。連載第2回のこの記事では、仕事で成果を出すためにやるべきことをお教えします。

第1回=「努力しているのに会社が評価してくれない」という人の特徴 から読む

「会社名よりも個人の名前が先に出てくる状態」を目指す

 市場価値を上げるには、「会社名よりも個人の名前が先に出てくる状態」を目指してください。会社名ではなく、自分自身が信頼され、それで仕事をしている状態です。

 そうなるには、まず自分の仕事の成果が大切ですが、ひとつおすすめの方法があります。それは、「法人格」と「個人格」を使い分けるようにすることです。これをうまく利用すると、個人での信頼を獲得できます。

<span class="fontBold">moto(戸塚俊介)</span><br>1987年長野県生まれ。新卒で地方ホームセンターに入社後、リクルートやスポットライト(現:楽天ペイメント)など複数社に転職し、営業部長や事業責任者などを務める。会社員として働きながら、自身の転職経験を基にしたウェブメディア『転職アンテナ』を立ち上げ、2021年4月に上場企業であるログリーへ事業を売却。現在はmoto株式会社の代表取締役を務める。著書『転職と副業のかけ算』(扶桑社)はベストセラーになり、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」にノミネートされた。Twitterのフォロワーは12.5万人で「本質的なキャリアや働き方が分かる」として、SNS(交流サイト)でカリスマ的な人気を誇る。
moto(戸塚俊介)
1987年長野県生まれ。新卒で地方ホームセンターに入社後、リクルートやスポットライト(現:楽天ペイメント)など複数社に転職し、営業部長や事業責任者などを務める。会社員として働きながら、自身の転職経験を基にしたウェブメディア『転職アンテナ』を立ち上げ、2021年4月に上場企業であるログリーへ事業を売却。現在はmoto株式会社の代表取締役を務める。著書『転職と副業のかけ算』(扶桑社)はベストセラーになり、「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」にノミネートされた。Twitterのフォロワーは12.5万人で「本質的なキャリアや働き方が分かる」として、SNS(交流サイト)でカリスマ的な人気を誇る。

 たとえば、会社から「いつものサービスに加えて、クライアントにはこのオプションをすすめてほしい」と指示されたときに、「自分が担当しているクライアントには、このオプションはすすめたくないな……」と思ったとします。
 こんなとき、あなたはどうしますか? クライアントには言わずに、しかしすすめたことにして上司に報告するでしょうか。

 こうした場面は、個人格と法人格を利用する絶好のチャンスです。
 「うちの会社としてこのオプションの加入を増やしたいと思っているのですが、私としては、御社には必要ないと思っています。おそらく御社は〇〇社のオプションを利用しているので、そちらで十分ですよね」
 自分の会社のことを考えれば、目の前の売り上げを増やすことが大切です。ですが、何よりも大切なのは、目の前のクライアントの課題の解決です。

 クライアントの立場に立って考えたときに「これは本当に必要ない」と思ったのであれば、このコミュニケーションはとても有効です。こうしたやりとりを重ねていくことで、「〇〇さんは弊社のことをちゃんと考えてくれているんだ、〇〇さんなら信頼できる」と感じてくれるはずです。これが、結局自分の会社への信頼にもつながるでしょう。

 仕事をするときは、会社だけでなく、あなた自身への信頼もぜひ忘れず積み上げていってください。そうやって「会社名よりも個人の名前が先に出てくる状態」を目指してみてください。

次ページ 「言うことを聞く人」と「頼りになる人」、どちらの価値が高いか