何を変えれば、これまでとは違った一歩を踏み出すことができるのだろうか。仕事、趣味、人間関係? 何から手をつけていいか分からないなら、「言葉」を変えてみるのはどうだろう。30年を超える年月、出版界という言葉の海の中を泳ぎ続けてきた『「話し方のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。』の共著者・藤吉豊氏と、小学生から80代まで、相談者2000人待ちという大愚元勝和尚による対談。前編は、お釈迦様が編み出した「伝え方の型」について。新年の今こそ、お坊さんと「言葉の力」を考えます。

大事なのは「内面」や「心」。けれども入り口は「型」にある

藤吉豊(以下、藤吉):大愚住職とお会いしてから、もう6年以上になりますね。大愚住職の本、『苦しみの手放し方』(ダイヤモンド社)の編集に関わらせていただいたのがきっかけでした。

大愚元勝和尚(以下、大愚和尚):取材時間は確か、100時間を超えましたよね。1冊の本が出るまでに、5年もかかるのかと。ただ、取材ではない感覚にとらわれることが、すごく多かったんです。藤吉さんは、「取材のために聞いている」という感じではないんですね。ただ、普通に話をされている。脱線も多かったですよね。ですから、取材なのか、ただ会話をしているのか分からない。そんな時間が5年間の中にたくさんありました。

<span class="fontBold">大愚元勝(たいぐ・げんしょう)</span><br>佛心宗 大叢山福厳寺住職。(株)慈光マネジメント代表取締役。慈光グループ会長。「僧にあらず俗にあらず」を体現する異色の僧侶。事業家、作家、講演家、セラピスト、空手家でもある。愛知県小牧市に545年もの歴史を誇る禅寺、福厳寺の弟子として育つ。32歳で起業。複数の事業を立ち上げて軌道に乗せる。40歳を目前に寺に戻り、仏教伝道ルートをはじめとする世界23カ国を遊行。平成27年に31代住職に就任。令和元年には、従来の慣習や常識にとらわれない会員制寺院仏教として佛心宗を興し、新たなスタートを切った。YouTube『大愚和尚の一問一答』の登録者は42万人を超えている。『苦しみの手放し方』(ダイヤモンド社)をはじめ、著書多数。僧名「大愚」は、大バカ者=何にもとらわれない自由な境地に達した者の意。(写真:廣瀬知哲、以下同)
大愚元勝(たいぐ・げんしょう)
佛心宗 大叢山福厳寺住職。(株)慈光マネジメント代表取締役。慈光グループ会長。「僧にあらず俗にあらず」を体現する異色の僧侶。事業家、作家、講演家、セラピスト、空手家でもある。愛知県小牧市に545年もの歴史を誇る禅寺、福厳寺の弟子として育つ。32歳で起業。複数の事業を立ち上げて軌道に乗せる。40歳を目前に寺に戻り、仏教伝道ルートをはじめとする世界23カ国を遊行。平成27年に31代住職に就任。令和元年には、従来の慣習や常識にとらわれない会員制寺院仏教として佛心宗を興し、新たなスタートを切った。YouTube『大愚和尚の一問一答』の登録者は42万人を超えている。『苦しみの手放し方』(ダイヤモンド社)をはじめ、著書多数。僧名「大愚」は、大バカ者=何にもとらわれない自由な境地に達した者の意。(写真:廣瀬知哲、以下同)

藤吉:編集の最中にも、住職がお考えになっている「伝えることの意義」に大きな影響を受けました。仏教そのもの、それから住職がなさろうとしていることにも共感を覚えました。その気持ちが、もしかすると取材の姿勢に現れたのかもしれません。

大愚和尚:ご自身の人生と結びつけて、一つひとつ、私の話を聞いておられるという印象を受けました。仏教は「分かりやすい言葉で伝えること」をとても大切にしていますから、そんなふうに聞いていただけるのは、うれしいことなんです。

 私はね、お釈迦様というのは「世界最古のセールスレターのテンプレート」を作った方だと考えているんです。米国のセールスレターに100年の歴史がある? とんでもない。2600年前、お釈迦様はすでに「伝え方のテンプレート」を作り出し、実践されていたんですよ。

藤吉:お釈迦様は仏教の開祖というだけでなく、「伝え方のテンプレート」の開祖でもあったとは、驚きです。お釈迦様の説法には、伝え方の型があった、ということですね。「説法は、セールスレターである」という解釈は、とても興味深いです。ビジネスにも精通する大愚住職独自の視点だと思いました。

大愚和尚:セールスレターについては、事業をしているとき、かなり積極的に勉強をしましたし、社員にも勉強するように勧めました。

次ページ お釈迦様が作られた「伝え方のテンプレート」