部下に軽んじられる危険はないか?

 「人間として、同じ人間に、こういういい方はしないだろう」といういい方を、リーダーになったからといって、わざわざする必要などないのです。上司になったばかりの人から「これまでの同僚に対して、言葉遣いを変える必要があるだろうか」という質問を受けることがあります。わたしの答えは「変える必要など、まったくない」。上司と部下というのは役割の問題であって、人間としては対等です。役割が少し変わっただけで、言葉遣いを変えて威圧的になる必要はありません。

しかし、仕事ですから緊張感も必要ではないですか。

 わたしがはっきりと指示を出さないと、この間の話じゃないですが、大事な仕事を後回しにされてしまったりします。部下に「そこまで急ぐ必要はないのかな」とか、「そこまで頑張らなくてもいいのかな」などと軽んじられて、仕事のスピードが落ちたり、上げられるはずの成果が上げられなくなったりする可能性もあるように思います。(次回に続く)

自信がなくていい。

◆ リーダーになる勇気を得て、創造的で幸せなチームをつくる、たった一つの原則がある。
◆ リーダーとメンバーの関係を「対等」にすることが、すべての課題を解決する。

昇進したけど不安な「わたし」が、
哲学者の「先生」との対話を通して、
戸惑いながらも成長していく――。

◇ なぜ、あの人は「難しい仕事から逃げる」のか?
◇ なぜ、あの人には「責任感がない」のか?
◇ なぜ「リーダーであることがつらい」のか?
◇ なにをしたら「パワハラ」なのか?
◇ なぜ、叱ることも、ほめることもダメなのか?

◆気鋭の起業家3人との対話を収録
◇サイボウズ・青野慶久社長

「本気で死にたかった社長就任1年目に学びを得た」
ユーグレナ・出雲充社長
「我慢しても、部下に怒りが伝わってしまうのです」
カヤック・柳澤大輔CEO
「パワハラ組織のほうが案外、強いのではないですか?」

この記事はシリーズ「心若きリーダーとの哲学的対話」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。