昇進して課長になったものの不安な「わたし」が、アドラー心理学を研究する哲学者の「先生」に、リーダーとしての悩みを打ち明け、戸惑いながらも、成長していく――。

 本連載では、ベストセラー『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)の著者である岸見一郎氏の新刊『叱らない、ほめない、命じない。―あたらしいリーダー論』から、エッセンスを紹介しています。

 今回は、中間管理職が抱く「部下としての悩み」について。

※ 以下、太字が「わたし」からの問いかけ、細字が「先生」の返答です。

(構成/小野田鶴)

考えてみれば、わたしは中間管理職ですから、上司であると同時に部下でもあります。それで、最近、ひどくショックを受けた出来事がありました。

 先日、人事異動に伴う歓送迎会で、久しぶりに部署でささやかに宴席が開かれました。その際、お酒が入っていたせいもあってか、直属の上司からひどく辛辣な言葉を聞かされまして……。

 怒られたり、叱られたりするだけならまだいいのですが、具体的な同僚の名前を挙げて、「どうしておまえはあいつのようになれないのだ」「あいつだったらこういうときは、こんなふうにやってくれるぞ」と、みんなが話を聞いているなかで比べられたのです。「比べられる」というのはなかなかしんどいもので、どう自分の気持ちを立て直したらいいものか、今もわからずにいます。

 そういう上司には、「あなたは、そういうふうにお考えなのですね」といえばいいのです。

 「どうしておまえはあいつのようになれないのだ」などと、他人と比較することで自分の価値を貶(おとし)めるようなことをいわれたとしても、それは「その上司の自分に対する評価」でしかありません。

 その「評価」と、自分の「価値」は、別物だと割り切らなくてはいけません。

岸見 一郎(きしみ・いちろう)
1956年、京都生まれ。哲学者。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。著書に『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(古賀史健と共著、ダイヤモンド社)、『ほめるのをやめよう』(日経BP)、『幸福の哲学』『人生は苦である、でも死んではいけない』(講談社)、『今ここを生きる勇気』(NHK出版)、『不安の哲学』(祥伝社)、『怒る勇気』(河出書房新社)。訳書に、アルフレッド・アドラー『個人心理学講義』『人生の意味の心理学』(アルテ)、プラトン『ティマイオス/クリティアス』(白澤社)など多数。

次ページ 他人の「評価」と、自分の「価値」