挫折した経験の乏しい若者に、何をどう伝えるか?

 若いときから「できない」経験をたくさんしてきた人は、それがいいこととは思いませんが、たくましいものです。しかし、挫折した経験が乏しい秀才型の人というのは、社会に入ってから初めて経験した失敗に、打ちのめされてしまいがちです。そういう人に対して、わたしたちは、間違いを間違いと指摘するのはもちろんですが、それと同時に、その指摘は、仕事の内容に対する指摘であって、人格に対するものではないということを、しっかりと伝えておかないといけません。

 そこがきちんと理解できたら、秀才型の若者も失敗を恐れなくなり、スケールの大きな人に育っていきます。

 逆に、秀才型の若者が初めて経験した失敗に、上司や先輩ががみがみと叱ったり、怒ったりしてしまうと、何をするにも上司や先輩の指示を仰ぐようになってしまいます。いちいち指示を仰いでいたら、大きな失敗は避けられるかもしれませんが、独創性に乏しい、スケールの小さい人になってしまいます。それも困ります。

そうですね。お話をうかがいながら、うちのチームのいろんな困った若者たちの顔が浮かんできました。いや、「困った」なんていってはいけません。個性豊かな若者たちということです。多様性に満ちたわがチームメンバーの、個々の可能性をどう開花させていくかが、わたしに今、直視すべき課題なのでしょう。

(次回に続く)

◆ 自信がなくていい。上下関係をなくせば、上司と部下はいいチームになれる。
◆ サイボウズ、ユーグレナ、カヤックなど、上場企業の経営トップが続々賛同!

昇進したけど不安な「わたし」が、哲学者の「先生」との対話を通して、戸惑いながらも成長していく。

◆ リーダーの悩み、こう解決します!
◇ 責任感がない若手に「ありがとう」をいおう
◇ リーダーとして自信が持てないことに、問題はない
◇ 同じ失敗を繰り返す人に対し、存在を承認する
◇ 頑固なベテランでも、未来の可能性に注目する
◇ 上司であることがつらいとき、何が幸福かを考え直す

◆気鋭の起業家3人との対話を収録
◇サイボウズ・青野慶久社長

「本気で死にたかった社長就任1年目に学びを得た」
ユーグレナ・出雲充社長
「我慢しても、部下に怒りが伝わってしまうのです」
カヤック・柳澤大輔CEO
「パワハラ組織のほうが案外、強いのではないですか?」

この記事はシリーズ「心若きリーダーとの哲学的対話」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。