上司がネガティブに考えるように、部下が仕向ける?

それならば、そうですね……、実はとても丁寧に資料づくりに取り組んでいるから時間がかかっていて、この人はただ進捗管理が苦手なだけなのだとか。

 そのように「部下のよい意図」を信じる努力を上司がするということが、よい関係の構築につながります。

そうですね。少し難しいですね、このあたりは。部下や後輩の発言を、一度ネガティブな意味に捉えてしまうと、どんどん相手のことを信頼できなくなってきてしまって。

 そういうことは、よくあります。

それで、こちらも少し感情的になったりするのですが、実は、相手の本心はそうではない、ということが多いのでしょうかね。実際には。

 あなたがネガティブに考えるように、相手が仕向けているという可能性はあります。あなたとの関係をこれ以上、近くしたくないという意図が向こうにあり、こちらとしても、相手との関係を深めたくないから、相手の言動のなかにネガティブな理由を見つけているのかもしれないということです。

 少し厄介な部下がいて関係を遠ざけたいなら、遠ざける「理由」が要ります。そういうときに、相手の言動にマイナス面を見出すことで関係を遠ざける、ということを、無意識のうちにしているのかもしれない。

うーん……。あまり認めたくはないですが、そういうところもあるかもしれない。

上司や部下との関係を遠ざけたくて、無意識のうちに相手の言動にマイナス面を見出していることがある(イラスト:PIXTA)
上司や部下との関係を遠ざけたくて、無意識のうちに相手の言動にマイナス面を見出していることがある(イラスト:PIXTA)

次ページ 「誰が語るか」ではなく「何が語られているか」