上司を悪者扱いする部下は、確かにいるけれど

 あなたのように「人の心を読める」というのは大事なことで、リーダーとして必要なことでもありますが、過剰に人の心を読んでしまうと仕事になりません。

 現実には、職場において、部下が上司の言動を悪い方向に捉えて、上司を悪者扱いするということは起きてしまいます。望ましいことではありませんが、部下の心を読むことではなく、部下の協力を得て仕事を成し遂げることです。

 どうしても部下の心を読んでしまうのであれば、「よい意図があると信じる」しかありません。わざと、あなたが困るようなことをしたわけではない、と。そうすることでよい関係が築ければ、あなたの対応に問題があるときに、陰で悪口をいったりしないで、教えてくれるようになるでしょう。

この前、先生に相談した若いメンバーの話に戻れば、なぜ毎回、その人がミーティングの資料を締切までに完成させられずにいるのか、わたしにはまったく理解できないのです。それでも、そこに何かよい意図があると信じなさいと先生はおっしゃる。

次ページ 上司がネガティブに考えるように、部下が仕向ける?