多様な人を受け入れ、その違いを価値に変える「ダイバーシティ経営」は、組織の成長に欠かせない。しかし、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I、多様性と包括)の推進は、きれいごとではない、本気の風土改革が求められる。変化が起こっている組織ほど、経営者自ら、社員の心に響くリアルなストーリーを語ることで、現場を揺さぶっている。
 本稿は、『異なる人と「対話」する 本気のダイバーシティ経営』(日本経済新聞出版)より、3人の経営者による心に響くダイバーシティ・ストーリーを一部抜粋、編集している。
 2回目は、日本マクドナルド社長兼CEO(最高経営責任者)の日色保さん。中間管理職向けの研修で、自ら体験した4カ月間の店舗研修を踏まえて語った、D&Iのストーリーとは……。

 なぜわが社にとって、D&Iが必要なのか。社員を動かし、組織風土に根付かせるためには、経営トップからの明快かつ心動かすメッセージが欠かせない。2021年5月、日本マクドナルドの日色保社長は、社内の中堅リーダー向けD&I研修でこう語りかけた。

日本マクドナルド社長 日色保さん(撮影:竹井俊晴)
日本マクドナルド社長 日色保さん(撮影:竹井俊晴)

 私が日本マクドナルドに来たのは、2年半ほど前のこと。社長に就任して間もなく研修のため店舗に立って驚きました。こんなにもたくさんのお客様が、そしてなんと様々なお客様がいらっしゃるのかと。朝早くには高齢の方や出勤前の会社員、日中はお子さん連れの主婦層、夕方になると中高生、夜には大学生や夕食を買いに来る方、深夜には飲み会帰りの人……。
 お客様を迎えるスタッフもまた多様です。主婦や高校生、大学生、外国人……、年代も10代から80代までと様々な人がひとつの店舗で働いています。まさにダイバーシティに富んだ職場、社会の縮図です。
 多様なお客様のニーズを捉えて戦略を立てるには、スタッフの側にも多様性が求められます。多様性に富んだ組織であることは、我々が存続するための必須条件なのです。もはやひとつの考え方ではビジネスは成り立ちません。
 みんな違っていて当たり前、スタッフ一人ひとりが尊重され、そしてベストが出せる職場であることが大切です。自分の仕事に意味がある、職場で役に立っている、成長している、承認されていると思えたなら、エンゲージメントのレベルが上がります。みなさんのリーダーシップにより、これまで80%の力しか出せなかったスタッフが120%の力を出せるようになれば、チーム全体のパフォーマンスも5割増しになるはずです。


次ページ 社長の「体感」を伝えることが、社員の「共感」を呼ぶ