新型コロナウイルス下のニューノーマルにおける働き方である「ハイパーフレキシビリティー」は、従業員を燃え尽き症候群に陥らせる可能性が高い。この働き方が常態化した場合、弊害もまたそうなる懸念がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3251文字 / 全文3322文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題