「CSR」や「パーパス」、「サステナブル」―― 近年定義された概念だが、これらは最初から経営学と共にあったということが解明されている。本記事では金銭的なリターン以外の指標で測る経営学の歴史をひもとく。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4398文字 / 全文4488文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題