あらゆる産業の浮沈を握る潮流、脱炭素。航空分野では思わぬものが燃料の原材料として注目を浴びる。飲食店などから出る廃食油がそれだ。2022年以降、争奪戦になってもおかしくない。

ANAは廃食油を使った燃料で貨物便を運航した
ANAは廃食油を使った燃料で貨物便を運航した

 「これから世界で廃食油の争奪戦になる」。廃食油を原料としたバイオ燃料製造のレボインターナショナル(京都市)の越川哲也代表はこう話す。航空産業で急速に持続可能な航空燃料(SAF)が必要になり始めたことがその理由だ。

 全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)が21年10月、共同であるリポートを出した。脱炭素に向け、政府などにSAFの国内供給網の整備を訴える内容だ。「安定した供給と国際競争力のある価格を実現させることが、二酸化炭素(CO2)排出量実質ゼロへのソリューションになる」

 世界のCO2排出量の2~3%を占める航空産業には環境対応を迫る圧力が高まる。ANAとJALは50年の排出量実質ゼロを目指している。実現にはSAFの活用が不可欠。2社は共同リポートの中で、日本が調達する必要のあるSAFは50年には最大で年約2300万キロリットルに上ると試算した。

生産体制は世界的に未整備

 世界を見渡しても、SAFの量産体制が整っているとは言えない。主な問題は、原料をどう確保するかだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り913文字 / 全文1451文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「徹底予測2022 再起動の行方」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。