2022年ココがポイント!

・ドラッグストアはさらなる大型M&Aも
・PB開発の波がますます広がる
・コロナ禍収束なら都市型店舗が復権

 王者返り咲きへ大きな一歩を踏み出した。かつてドラッグストア業界の盟主だったマツモトキヨシホールディングス(HD)。直近の売上高は業界6位に沈んでいたが、2021年10月、ココカラファインと経営統合し「マツキヨココカラ&カンパニー」を発足させた。マツキヨもココカラも都市部に店が多いという共通点がある。売上高は単純合計で9233億円(21年3月期)。イオン系のウエルシアホールディングス(9496億円、21年2月期)に次ぐ業界2位に浮上した。

1兆円企業へ三つどもえ決戦へ
●2020年度のドラッグストア売上高
<span class="fontSizeL">1兆円企業へ三つどもえ決戦へ</span><br />●2020年度のドラッグストア売上高

 これはあくまでもスタートラインだ。マツキヨココカラが掲げる目標は、26年3月期に売上高1兆5000億円。5年間で1.5倍以上に伸ばす計算だ。統合による相乗効果だけで到達できる数字ではない。M&A(合併・買収)で同業他社を取り込むシナリオは十分に考えられる。

 日本チェーンドラッグストア協会によると、全国388社の総売上高は20年度、初めて8兆円を突破した。ウエルシア、マツキヨココカラ、ツルハホールディングス(9193億円、21年5月期)は1兆円を視野に入れるが、この上位3社の売上高を足し合わせても業界全体の3分の1余りにすぎない。再編の余地は、それだけ大きいとも言える。ウエルシアは21年12月、中四国を地盤とする業界中堅のププレひまわり(広島県福山市)を子会社化した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1406文字 / 全文2037文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「徹底予測2022 再起動の行方」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。