どれだけ経営学が精緻化しても、最終的には経営者は打ち手を自ら考え抜かなければならない。早稲田大学の入山章栄教授は「経営に正解はない。経営学は考える枠組みの1つ」と強調する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り445文字 / 全文2072文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「会社を強くする「教科書経営」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。