ネット上では、私のあずかり知らないところで、私に関する情報が蓄積されている。ただよく考えると、そもそも私の個人情報って何だろう。海外事情にも詳しいインターネットイニシアティブ(IIJ)の鎌田博貴氏に「基本のキ」から分かりやすく解説してもらった。

インターネットイニシアティブ(IIJ)ビジネスリスクコンサルティング本部副本部長の鎌田博貴氏。個人情報とは「識別され得る個人に関する情報」だと教えてくれた
インターネットイニシアティブ(IIJ)ビジネスリスクコンサルティング本部副本部長の鎌田博貴氏。個人情報とは「識別され得る個人に関する情報」だと教えてくれた

Q1.そもそも個人情報って何?

 個人情報と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。名前、年齢、性別、住所、電話番号、勤務先……。いろいろありますね。これらは個人情報に当たるのかどうか。まずはそこから考えてみましょう。

 日本を含む世界の多くの国々では、個人情報とは「識別され得る個人に関する情報」と定義されています。同姓同名の方がいる場合もありますが、名前というのは基本的に特定の個人を識別できるので、個人情報です。

 年齢や性別、住所、電話番号、勤務先はどうでしょうか。同じ年齢や性別、勤務先の人はたくさんいますし、住所や電話番号だけを見て個人を特定するのは難しいでしょう。これらは名前という個人情報と組み合わせることで、特定の個人を識別できる場合に限り、個人情報に該当します。

 では、ブラウザーで閲覧されたウェブページの履歴はどうでしょうか。結論から言うと、EU(欧州連合)をはじめ、世界では個人情報として規制対象にする国が増えています。一方、日本の個人情報保護法は、そうなってはいません。個人情報の定義から外されているのです。

Q2.どうやって個人を特定するの?

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1859文字 / 全文2472文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「私の知らないネット上のワタシ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。