(写真:竹井俊晴)
(写真:竹井俊晴)

最初の課題として挙げたファイナンスについて詳しく聞かせてください。特に資本政策は後戻りできないというのは非常に大きなポイントです。リスクマネーを調達し終わり、後戻りできない状態に陥ってしまう。相談してきたときには既に「座組み」ができあがっているのです。成長のために資金調達をしたはずなのに、それによって身動きが取れなくなっているケースは確かに散見されます。何が原因でそういった状況を生み出すのでしょう。

石井氏:原因の1つは、投資家と起業家の目線合わせができていないことにあります。最初のバリュエーションが安過ぎるとベンチャーキャピタル(VC)などの投資家の持ち分が大きくなり過ぎて問題になり、高過ぎると次のラウンドでの資金調達が難しくなる。経営者は長期的な視点から今何をすべきなのかを考えますが、短い期間で大きなリターンを求める投資家もいます。それをすり合わせるには対話が必要です。

 ただ、投資家は何度も投資を経験している百戦錬磨であるのに対し、起業家は1回目の人が圧倒的に多い。投資家から「当たり前だ」と言われると、「そういうものなのか」と思ってしまいがち。でも、実際は当たり前ではない場合もあります。

 今回はファイナンスがテーマですが、リーガルの面でも同じことがいえます。この情報格差を是正することは日本のスタートアップエコシステムにとって喫緊の課題だと考えています。

上場後も成長できるのが「よいIPO」

2つ目に挙げられたIPOの制度について。こちらもいろいろと用意されているのに知られていなかったり、活用されていなかったりするのはもったいないですね。

石井氏:IPOがすごく注目されている中で、“よいIPO”といわれているケースでは、さまざまな工夫がされているのが分かりました。ノウハウを可能な限り蓄積して見えるようにすることは大事だと考えています。このノウハウの1つに制度をうまく活用するということもあると思います。

おっしゃる通り、よいIPOだったといわれる企業の方たちが積極的に情報発信をすることは素晴らしい。ノウハウを共有し、制度を活用できる企業が増えることは日本経済においても望ましいです。私は同時に、受け手側のリテラシー向上も重要だと考えています。情報が一人歩きしてしまって、あのやり方で成功したのなら、こっちも同じようにすればいいんだと短絡的に考えてしまった結果、行き詰まるケースも散見されます。その辺りの修正は必要ですね。

石井氏:重要なポイントです。こういうストーリーだからこういう方法を取ったんだという背景をきちんと理解することが必要です。経営戦略と同じように、うまくいったケースを形だけコピーするというのは一番危ない。自分の会社の仕組みや状況を理解した上で、適切な手段を選択すべきです。