新型コロナウイルスによって、多くの企業でリモートワークが定着した。通勤時間の削減などメリットも多いが、新たな発見や出会いの減少など、いくつかの課題も出てきた。働く場所と従業員の生産性はどう関係するのか。
 本稿では、『どこでもオフィスの時代』より、ベストセラー著作家の山口周氏が提案するこれからの時代を生き抜くヒントを一部抜粋、編集し紹介します。

二極化が進むクオリティー・オブ・ライフ

 新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)により、リモートワークがここまで大々的に社会にインストールされた今、自由に動いて自分にとってしっくりくる「場所」を見つけられた人と、そうでない人とでは、クオリティー・オブ・ライフ(人生の質)に甚大な差が生まれてくるでしょう。会社という組織レベルでも二極化が進みます。

 パソコンに向かって一日仕事をしていても、終わって外に出たら自分が100%気に入っている風景が目の前に広がっている。そんな生活をしている人で構成されている組織と、そうでない組織とでは、生産性にものすごい差が生まれます。

 グロス・エンプロイー・ハピネス、つまり従業員の総幸福量が高いかどうかが、企業の生産性に大きく影響する時代が到来しつつあります。

 そういう時代において、社員全員が「なんとなく」毎日オフィスに集まっている組織は、本当に大丈夫なのでしょうか?

 僕はこれまでイノベーションについてずいぶん研究してきましたが、結局、イノベーションが起きるか起きないかは、「累積思考量」で決まります。世の中を変えてしまうようなイノベーションを起こすのは、考えている時間が長い人であるというのは鉄則なのです。そして、累積思考量を伸ばすには、余計な心配やストレスを可能な限り取り除き、心の満たされた状態を保つことが大切です。

 例えば、家族の不和や経済的な心配事、家族や自分の病気などがあると、そこに脳の力を取られてしまい、本来自分が思考したいことに十分なリソースが割けなくなります。もちろん「貧困の罠(わな)」として言及されるような、自力ではどうすることもできない「ストレス」も世の中には存在しますから、それを無視して「思考しろ」と言うつもりはありません。

 僕が伝えたいのは、自分が幸せであること、楽しく面白く感じられることへの「諦めの悪さ」をもっと多くの人が持った方が、社会全体での累積思考量が上がるのではないか、ということです。

 僕自身、東京の深沢に暮らしていたときよりも葉山に越してきてからの方が、累積思考量やインプットの量は増えている気がします。周囲の反対にも耳を貸さず、ずいぶん乱暴なことをしたなあ、と自分でも感じますが、思いきって身を置く「場所」を変えたことは、確実に自分の人生にいい影響を与えています。いきなり引っ越すというのはハードルが高すぎると思いますが、この本にあるように「旅」を通して今の自分に一番しっくりくる「場所」を探し始めることで、皆さん一人ひとりのクオリティ・オブ・ライフにきっといい影響が生まれるでしょう。

次ページ 「リモート・リーダーシップ」が育たないと未来はない