新型コロナウイルスによって、多くの企業でリモートワークが定着した。通勤時間の削減などメリットも多いが、新たな発見や出会いの減少など、いくつかの課題も出てきた。同じような毎日から脱却し、日常に新しさを取り入れるためにはどうしたらいいのか。
 本稿では、『どこでもオフィスの時代』より、ベストセラー著作家の山口周氏が提案するこれからの時代を生き抜くヒントを一部抜粋、編集し紹介します。

「通勤がラクな場所」に住むことは重要ではない

 自分にとってしっくりくる「場所」を見つけるというテーマについては、他でもない僕自身がかつてよく考えた経験があります。

 僕が東京の深沢から神奈川県の葉山に移住したのは2015年ですが、当時、周囲からは「通勤が大変だぞ」「ワークパフォーマンスが落ちるぞ」とずいぶん脅されました。

 その際に背中を押してくれたのがアップルの元CDO(最高デザイン責任者)、ジョナサン・アイブのエピソードです。iMacのデザイナーとして知られるジョナサン・アイブですが、当初アップルに入社するか迷っていたそうです。その理由は、アップルの社屋があるカリフォルニア州クパチーノが、自分の住んでいた街から約60kmも離れていたから。車で片道1時間弱もかかる上に、クパチーノは物価が高く、何よりアイブは住んでいた街をとても気にいっていたので引っ越したくなかったのです。

 迷った末にアイブは、車でクパチーノに通うことを決めアップルに入社します。その後の彼の活躍は皆さんもご存じの通りです。アイブのエピソードを読んで自分の中で「ま、いいか」と吹っ切れ、葉山への移住を決めました。

 主体的に決めることの重要性は、リーダーシップの問題にも関わってきます。みんながこっちを向いているから自分もこっちではなく、誰が何と言おうと自分はこれがいいと思うからアクションを起こす胆力。好きなものは好きと堂々と言える鈍感力と言い換えてもいいかもしれません。まずはそれを回復することが大切です。

次ページ 「飽きている自分」に気づく能力を高めよう