チョコレート菓子キットカットの受験応援キャンペーンやサブスクリプション型サービスをいち早く取り入れた「ネスカフェ アンバサダー」施策などで知られる元ネスレ日本代表取締役社長兼CEO(最高経営責任者)の高岡浩三氏。この連載では、話題の企業やトレンドなどを、高岡氏ならではのマーケティング視点で読み解きます(構成:安倍俊廣)。

ケイアンドカンパニー代表取締役社長 高岡浩三氏(写真:古立康三)
ケイアンドカンパニー代表取締役社長 高岡浩三氏(写真:古立康三)

 新型コロナウイルス感染症の世界的な流行は、まさに100年に1回あるかないかの非常事態でした。不幸な出来事が多くあり、世界経済にとって深刻な打撃となりましたが、一方で、コロナ前から日本や世界が抱えていた課題の存在が、誰の目にも明らかになる機会にもなりました。

 20世紀型の古いビジネスモデルはもう通用しない、賞味期限切れだと、皆が理解できたと思います。そういう意味では、失うばかりではない2年だったのではないでしょうか。実際、コロナ禍をきっかけに、曲がりなりにもデジタル活用が加速しました。

ネスレ日本は“日本的”な企業

 しかし今後、コロナの状況が落ち着いてくると、日本はまたコロナ前の状態へ戻ってしまうかもしれません。日本は“外からの圧力”によって改革機運が盛り上がっても、しばらくすると元通りという前歴がたくさんあるからです。

 例えば今から10数年前に経済3団体(日本経済団体連合会、経済同友会、日本商工会議所)が提案したホワイトカラー・エグゼンプション制度がそうです。一定の基準を満たしたホワイトカラーに対しては労働時間、休憩、休日、深夜業務の規制を除外できるという制度でしたが、今は見る影もありません。

 もともと、ホワイトカラーが時間給で仕事をしている国なんて、先進国では日本だけです。だから、この提言はもっともだと思ったのですが、経済3団体も途中で「労働法を変えてもらわないと実現できない」などと言い出し、腰砕けになり、結局何も変わりませんでした。こうした事例をいくつも見てきたので、僕は日本の改革に半信半疑なのです。

 僕が社長をしていたネスレ日本は外資系ですが、経営スタイルはとても日本的。労働組合もあって、管理職以外は全員組合員というかなり古いタイプの組織です。離職率は1%台で、一般的には良い数字ですが、誰も辞めてくれないので、経営者としては頭が痛いこともありました。

 こういうネスレ日本で、実はホワイトカラー・エグゼンプションを独自に導入しようとしていたのです。

 僕が社長になったのは2010年。団塊の世代(1947~49年の第1次ベビーブーム期に生まれた世代)が退職する時期でした。そこで新卒の採用を思い切って抑え、4月の定期採用はやめました。

 こうして古いやり方を見直して、その上でホワイトカラー・エグゼンプションを導入すると決めたのです。労働組合にはその賛否について投票してもらいました。

続きを読む 2/3 新しい現実と新しい問題

この記事はシリーズ「高岡浩三のマーケティング経営論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/