トルコ発の超速宅配スタートアップであるゲッター(Getir)は米シカゴに続いて2021年12月10日、ニューヨーク市内でもサービスを開始した(写真:Getir)
トルコ発の超速宅配スタートアップであるゲッター(Getir)は米シカゴに続いて2021年12月10日、ニューヨーク市内でもサービスを開始した(写真:Getir)

 日本から米国ニューヨークに渡った“話題のカップル”の新居が、海外メディアによって特定されてしまいました。

 秋篠宮ご夫妻の長女、小室眞子さんと夫の圭さんが住む高級アパートメントが「マンハッタンのへルズキッチン地区にある」と、英タブロイド紙「デイリー・メール」が、2021年11月16日に伝えたのです。

和食が充実しているマンハッタン

 同紙は、二人の住まいがあるストリート名を記事に載せたばかりか、アパートの番地が写った写真も掲載。住所が完全に特定され、アパートのサイトに誰でもアクセス可能になってしまいました。

 ヘルズキッチンは、かつては治安が良くない場所でしたが、近年は開発が進み、今ではおしゃれなレストランやバーが集まる注目のスポット。ブロードウェイやセントラルパークも近く、カーネギーホールやリンカーンセンターも徒歩圏です。

 一般的に富裕層が住む高級アパートには、専任スタッフが24時間ロビーに常駐し、入居者の暮らしをサポートします。ヨガスタジオやフィットネスセンター、ゴルフのシミュレーター、スパ、図書室などがあるところも多いです。

 二人が暮らすアパートにはバーベキューもできる屋上デッキがあり、ハドソン川越しに対岸のニュージャージーまで見渡せる絶景が楽しめるようです。しかし若い二人が新生活を送る上で、最も気になるのは景色よりも「食事」でしょう。

 米国の滞在歴が長い日本人でも、和食が全くない生活は考えられません。幸い二人が住むミッドタウンには多くの日本食レストランがあります。徒歩9分のところには人気のラーメン店「一風堂」があり、寿司や焼き鳥の店もあります。

次ページ ニューヨークで人気の新サービス