家庭用品チェーンの米ベッド・バス&ビヨンドは洗練されたホームファッションをEDLP(エブリ・デー・ロー・プライス)で提供。米フォーチュンの「急成長企業500社ランキング」に入ったこともある、超がつく優良小売業だった
家庭用品チェーンの米ベッド・バス&ビヨンドは洗練されたホームファッションをEDLP(エブリ・デー・ロー・プライス)で提供。米フォーチュンの「急成長企業500社ランキング」に入ったこともある、超がつく優良小売業だった

 日本を代表する人気バンドの1つであるドリームズ・カム・トゥルー(DREAMS COME TRUE)の中村正人さんが2021年10月5日に自身のブログで、新曲のCD購入をファンに呼びかけたことが話題になっています。

 「次のせ~の!で - ON THE GREEN HILL -」というCDシングルの売り上げが振るわず、「なんせ(ドリカムとしてのCD売り上げの)ワースト記録更新なもので」ということで、異例のお願いをしたようです。

 ネットでは、「まだCDの売り上げにこだわってるんだ」とか「アーティストからこういう呼びかけをしないといけない時代なんだね。そう考えると悲しくなってきた」などの意見も見られました。

ご飯もパーソナライズ可能に

 この呼びかけをきっかけに、このCDの売り上げは増えたようですが、今後は厳しい状況になるかもしれませんね。今やCDプレーヤーを所有している人自体、珍しいからです。

 彼らのファンの中心は30~40代の女性。家庭があり、母であり、子供が複数人いる、という人たちも少なくありません。音楽を聞く時間がそもそも少ない人にとって、CDを購入して封を開けてプレーヤーに銀盤を載せる、という作業は結構な手間です。

 ドリカムのファンたちも、YouTubeやスポティファイなどの音楽ストリーミングを利用していることでしょう。だから大手企業とタイアップした新曲をリリースしても、テレビで目にする(耳にする)機会は減っています。こうしたライフスタイルの変化が、ドリカムからファンたちを遠ざけているのです。

 ライフスタイルの変化で売れなくなったものと言えば、お米(白米)もそうです。農林水産省の調査などを見ると、米を炊くのに比べて手間や時間がかからず、手軽に食べられるパン食へと、日本人の食習慣は大きく変化しているようです。手間のかかるCDから音楽ストリーミングへとシフトした音楽の視聴習慣の変化と米離れは、共通するものがあります。

 新曲をYouTubeでサッと聴くように、ご飯を食べたいならコンビニで購入したり、宅配サービスを利用したりできますから。だから最近の若い人は炊飯器を買わなくなっています。

 一方で、パックされたご飯の生産量は伸びています。ここ10年でおよそ2倍になり、コロナ禍の影響もあってか、2020年に過去最高を記録したというデータもあります。

続きを読む 2/4 チェーンストア理論の前提が崩れた

この記事はシリーズ「後藤文俊のシン・店舗 in USA」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。