「アナログな経営スタイル」を貫きながらも、米国でカルト的な人気を誇る「トレーダー・ジョーズ」。日本人にも人気が高く、「米国に来るといつも買い物している」という人も少なくない(写真:後藤文俊)
「アナログな経営スタイル」を貫きながらも、米国でカルト的な人気を誇る「トレーダー・ジョーズ」。日本人にも人気が高く、「米国に来るといつも買い物している」という人も少なくない(写真:後藤文俊)

 山口県阿武町で起こった4630万円の誤送金事件。すでに町役場が約4300万円ほどを確保したとも報じられましたが、そもそもが銀行に振込先データを渡す際に「フロッピーディスクを使っていた」ことなどツッコミどころが多く、その面でも、かなり注目されました。

 Twitterでは「フロッピーディスク」というワードがトレンド入りし、「令和でフロッピー使ってるのにはビビる」といったコメントのほか、「フロッピーディスクとか生きてたんだな」と昔を懐かしむ声もありました。

日本人にも人気が高いカリスマ?小売店

 一方、若者からは「フロッピー謎」「フロッピーって何それかわいい」など、そもそも「フロッピーディスクが記録媒体だということを知らなかった」という趣旨のコメントが多く投稿されました。

 他にも、「まるで旧石器時代」「時代遅れ過ぎる」といった厳しい声、「今どき(フロッピーディスクを)持っている人は少ないだろうから、(情報)セキュリティー的には、相当高度な媒体」といった“嫌みな意見”も散見されました。

 実は、私はいまだにフロッピーディスクを使っています。といってもパソコン用ではなく、ピアノ用です。私が使っているデジタルピアノは20年前に発売されたものですが、フロッピーディスクを使うと自動演奏ができるのです。

 自動演奏が始まると、まるでプロが透明人間になって演奏しているかのように鍵盤が上下します。この機能を使って、YMOの名曲「東風(Tong Poo)」を“私一人で連弾”した動画(https://www.youtube.com/watch?v=2oZIizNM4jg)を「YouTube」にアップしています。

 私が低い音のパートを弾いたものをフロッピーディスクに記録して自動演奏しながら、高い音のパートを実際に弾いて、連弾の形にしました。

 曲のエンディングでは高い音のパートも自動演奏にして、私はピアノからギターシンセサイザーに楽器を変えて、伴奏しました。おそらく世界に前例がないであろう、マニアックな演奏スタイルです(笑)。自動演奏ピアノと連弾し、ギターシンセサイザーを弾く一人3役をこなすなんて、我ながらオタク趣味満載ですよね。ちなみに、このときには、ギターシンセサイザーの音をわざわざピアノの音に変えていて、そこにストリングスも重ねています。

 この動画をアップした2013年に友人に視聴してもらったところ、「ピアノのイスをくるりと回転させてギターに持ち替えるという“アナログっぽい動作”」や、「自動演奏の記録媒体にフロッピーディスクを使っていること」などが“大ウケ”でした。

 ……と、前フリが長くなりましたが、今回は令和の今でも「アナログな経営スタイル」を貫きながらも大人気の食品スーパーの経営を分析してみます。米国でカルト的な人気を誇る「トレーダー・ジョーズ」です。日本人にも人気が高く、「米国に来るといつも買い物している」という人も少なくありません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1716文字 / 全文4029文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「後藤文俊のシン・店舗 in USA」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。