「自分たちが親世代より豊かに暮らせる可能性は低い」。今、そう考えている若い人たちは少なくありません。しかし、日ごろから経済活動の現場に触れて会社を見る目を磨き、働きながら投資を行うことで、「普通の人」が相当の資産を持つことは十分に可能だとビジネスコンサルタントの山崎将志氏は言います。
 今回は、意外と知らない「大金持ちの正体」について。『父さんが子供たちに7時間で教える株とお金儲けの教養。』(日本経済新聞出版)より抜粋、内容を編集してお届けします。

プロ野球選手になるのは東大に入るより難しい

 私には10代の息子が2人いるが、彼らに「お金持ちになれそうな職業は?」と尋ねると、スポーツ選手や芸能人をまず挙げる。

 確かに野球、テニス、ゴルフといったスポーツ選手の中でもトップクラスは桁違いに稼ぐ。テニスの錦織圭は2020年の所得が34億円以上、読売巨人軍の坂本勇人は年俸5億円、MLB(米大リーグ)に行った大谷翔平は2年で約9億円などと報道されている。

 しかしそれだけ稼げる選手は当然ほんの一握りである。プロ野球を例にとれば、プロ野球選手としての入り口に立てるのは年に100人前後である。毎年およそ3000人の合格者が出る東京大学よりも入るのが難しい。さらにプロ入りしても1軍の試合に出られるのは約300人。それも全ての年齢の選手合わせてだ。とても厳しい世界である。

 またプロゴルフの世界も厳しい。年々人気が上向いている日本女子プロゴルフ界の19年の賞金ランキングを見ると、トップの鈴木愛が1億6000万円、2位の渋野日向子が1億5000万円強となっている。賞金以外の様々な収入を加えると彼女らの銀行口座に振り込まれた額はもっと大きいだろう。

 しかしランキング100位に目を向けると賞金額は500万円を少し超える程度である。このクラスでは賞金以外の収入はあまり期待できず、さらに参戦に必要な旅費やプレー代も選手の自己負担である。ビジネス界の表現を用いれば、「サービス業に従事する年商500万円の個人事業主」ということになる(年収500万円ではなく年商500万円である)。繰り返すがこの金額は、「その年に日本で100番目に好成績をあげた女子プロゴルファーの本業での売上額」である。

 ちなみに人気が低迷している日本男子プロゴルフ界の19年ランキング100位の賞金額は500万円に満たない。さらに付け加えれば、獲得賞金額が1000万円を超えるのは、女子で85位、男子で64位だ。

スポーツや芸能界で大金を稼ぐためには、すさまじい競争を勝ち抜く必要がある(写真:Tom Wang/Shutterstock.com)
スポーツや芸能界で大金を稼ぐためには、すさまじい競争を勝ち抜く必要がある(写真:Tom Wang/Shutterstock.com)

 プロスポーツの世界はかように厳しいものである。

次ページ 芸能界は3万人の椅子取りゲーム