「自分たちが親世代より豊かに暮らせる可能性は低い」。今、そう考えている若い人たちは少なくありません。しかし、日ごろから経済活動の現場に触れて会社を見る目を磨き、働きながら投資を行うことで、「普通の人」が相当の資産を持つことは十分に可能だとビジネスコンサルタントの山崎将志氏は言います。
 今回は、自らも残念な投資家だったという山崎氏が、努力してもうまく利益を出せない人の3つの特徴を紹介。『父さんが子供たちに7時間で教える株とお金儲けの教養。』(日本経済新聞出版)より抜粋、内容を編集してお届けします。

10年間損を出し続けた、私の残念な投資人生

 私は30代になってから株式投資を始めたが、最初の10年は損ばかりで、恥ずかしながら、年間を通してプラスになった年は一度もなかった。

 最も損失額が大きかったのは2011年で、あまりの悔しさに一度撤退した。それからの5年間は、いっさい取引はせず、様々な投資家の本を読みながらシミュレーションを繰り返した。その後再開してからはようやく年間を通じてプラスが出るようになった。それでも私の実力が寄与したのはほんのわずかで、単に株式市場が活況だったのが理由だと考えている。

 そう、何を隠そう、残念な投資家とは過去の私のことである。「どうすればお金が減るか」は痛いほど知っている。そこで本稿では残念な投資家の特徴を3つに整理してお話しする。

残念な投資家の特徴① ムダに努力をしてしまう

 現代社会に生きる我々が重視している世界観の一つに「人生は努力によって切り開かれるべきであり、あらゆることは努力によって実現する」というものがある。

 この世界観は、投資において時に失敗を引き起こす。一生懸命に銘柄を選んで、タイミングを見計らいながら売り買いを繰り返す。「○円上がったら売る」と決めて、その値段になったら「私の予測通りだ」と喜んで売ってしまう。逆に下がれば「損を確定させたくない」とナンピン買いをして、揚げ句は塩漬けにしてしまう。

 こんな失敗が起こるのは、「自分で手を下すことで達成する喜び」に価値を見いだしているからだ。

 買った株が上がるか下がるかは、投資家の努力とは無関係である。我々は投資先企業の成功を祈るしかないのだ。

 企業の利益が増えて株価が上がるのには、年単位の時間がかかる。

 例えばユニクロが店舗を増やすには、店の数だけ店長が必要になる。店長を適当に他の会社から引っ張ってきてそのまま店に立たせることはできない。時間をかけて仕事のやり方とユニクロイズム(的なこと)を一人ひとりに体得させる時間が必要だ。トヨタ自動車が新車を作るには、何年もの研究開発を要する。数万点にも及ぶ部品を丁寧に選び、設計通りの性能が出るようにすり合わせる。いざ量産となれば、大量の部品を過不足なくタイムリーに調達し、一点一点、一台一台組み立てる。こうして、ヒットする車があればラッキーだが、多くの新車の販売台数は目標以下とも聞く。

 あらゆる会社がこうである。そして投資家である我々は企業のこうした活動に対して手を下すことはできない。近くで見守ることさえできない。ただ成功を祈ってじっと待つ。我々にできるのはそれだけなのだ。ウォーレン・バフェット氏の金言通り、「株式投資の報酬は我慢の対価」なのである。

投資家の努力はムダに終わることも多い(写真:Oleksandr Lytvynenko/Shutterstock.com)
投資家の努力はムダに終わることも多い(写真:Oleksandr Lytvynenko/Shutterstock.com)

次ページ 残念な投資家の特徴② 科学的に考えようとし過ぎる