「自分たちが親世代より豊かに暮らせる可能性は低い」。今、そう考えている若い人たちは少なくありません。しかし、日ごろから経済活動の現場に触れて会社を見る目を磨き、働きながら投資を行うことで、「普通の人」が相当の資産を持つことは十分に可能だとビジネスコンサルタントの山崎将志氏は言います。
 投資家の一人として山崎氏は「アップルの株は買うが、アップル製品は使わない」と言いますが、その理由は? 『父さんが子供たちに7時間で教える株とお金儲けの教養。』(日本経済新聞出版)より抜粋、内容を編集してお届けします。

時価総額世界№1のアップル 貢献しているのは日本人?  

 先日iPhone13シリーズが発売された。これまでの新機種と比べると、新たに搭載された機能が地味であるとの意見が報道各社から流れているが、ファンには人気のようである。発売日にはコロナ禍ながらも直営店では深夜から大勢が行列を作っていた。

 iPhoneを展開するアップルは、10年ほど前から時価総額世界トップの座に君臨している。この10年間の株価上昇率を見ても、12倍にも膨れ上がっている。

 実は、日本人はかなりアップルの株価上昇に貢献している。スマホ市場におけるiPhoneのシェアを国別に比較すると、何とトップは日本である。アップル本社のある米国よりもiPhoneの利用率が高いのである。

出典:『父さんが子供たちに7時間で教える株とお金儲けの教養。』142ページ。データは2020年6月時点
出典:『父さんが子供たちに7時間で教える株とお金儲けの教養。』142ページ。データは2020年6月時点

 世界全体で見るとアンドロイドのスマホのシェアが71%であり、台数ベースで見れば「iPhoneが主流である」とは言えない。内訳を見ると、先進国のほうがiPhoneのシェアが高いことが分かる。理由はiPhoneの値段が高いからである。

 iPhoneは値段が高いだけでなく、利益率も高い。2019年のデータでは、世界全体のスマホ市場の利益のうち66%をアップルが稼いでいる。

 以前はもっと利益のシェアが高く、15年第1四半期の調べでは、スマホ市場のアップルの営業利益シェアは92%もあった。当時は世界で1000社以上がスマホの本体を製造していたが、利益を出していたのはアップルだけと言ってもいい状態だった。台数だけで見ればアンドロイドスマホのほうが多く流通しているにもかかわらず、だ。  

 ここまで見れば、アップルの時価総額が高い理由はとてもシンプルである。そう、めちゃめちゃ儲(もう)かっているからだ。

続きを読む 2/3 なぜアップル製品には、うちの敷居をまたがせないのか

この記事はシリーズ「残念な一生を送らないための株とお金儲けの教養。」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。