戦後日本の「食品三大発明」とは何か。答えは「即席めん」「レトルトカレー」、そして「カニカマ」だといわれる。スケソウダラなどのすり身から加工される「カニ脚のようなかまぼこ」は1970年代前半に、魚介類を世界のどこよりも多く消費していた水産王国・日本で生まれ、その後10年ほどで世界中の食卓に浸透していった。水産資源を守る代替食の観点からも注目されることになるこの一大イノベーションは、石川県の能登半島から始まった。(文中敬称略)

カニカマの誕生は世界の食卓を大きく変えた。写真はスギヨのカニカマ製品「香り箱」
カニカマの誕生は世界の食卓を大きく変えた。写真はスギヨのカニカマ製品「香り箱」

 まもなく11月6日、香箱ガニ漁の解禁日がやってくる。北陸地方などで水揚げされるメスのズワイガニのことだ。漁期が12月29日までの2カ月弱と短いこともあり、まさに“旬の味”。小ぶりながらジューシーで内子(卵)がギッシリ詰まった高級ガニは、国内外の食通をうならす。

 「その香箱ガニの、最もジューシーな身が詰まったカニ脚を、カニにありがちな個体差によるハズレなしで、一年中いつでも楽しめるようにと開発したのがカニカマの『香り箱』です」

 製造するのは石川県七尾市に本社を置く水産加工品メーカー、スギヨだ。管理本部経営企画室の田畑梨杏里は自信をもって説明する。カニカマとして限りなく「本物」と同等の味と姿、食感を追求。それでいて価格は1パック12本入りが398円(税別、希望小売価格)。大手コンビニエンスストアが「香り箱の寿司」として商品化するなど、高級感を出せる具材としても使われている。

 国内だけでなく、海外でもカニカマは人気だ。カリフォルニアロールや太巻きのような巻きずしには必ずと言っていいほどカニカマが入る。日本かまぼこ協会(東京・千代田)によると、カニカマの国別消費量で1位はフランス、2位がスペインで、3位が日本だという。世界全体で、カニカマは約60万トンの消費量があるといわれる。

 その欧州市場に供給する生産国として、日本を超えて世界一となったのがバルト3国の一つ、リトアニアだという。ヘルシーで良質のタンパク源であるという世界的な健康志向にマッチしたうえ、80年代にBSE(牛海綿状脳症)禍が世界的に拡大したことで「安全なシーフード」として普及が進んだ。カニの乱獲を防ぎ、資源管理をしているスケソウダラを原料に使うカニカマは、水産資源の保護を訴えるSDGs(国連の持続可能な開発目標)を40年以上前から実行してきた先行事例でもある。

 このカニカマを日本で初めて商品化したのがスギヨだ。1972年に発売した、ほぐしたフレーク状のカニカマをパックに詰めた「かにあし」が、世界を魅了したカニカマの源流となった。

続きを読む 2/4 人工クラゲ作りの試行錯誤から生まれた「かにあし」

この記事はシリーズ「世界を変えた日本発イノベーション」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。