技術で後れを取れば兵士が死ぬ

米国ではこうした仕組みができているのですね。

兼原:そうです。米政府は技術の研究開発に約20兆円の予算を充てています。このうち12兆円が国防総省とエネルギー省、すなわち安全保障に回される。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り597文字 / 全文4344文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「さまよう防衛産業」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。