飛び立てるか次期戦闘機 ・上から読む

日本が2035年ごろの配備を目指す次期戦闘機「F-X(F-3)」計画。そのエンジン開発で秋波を送るのが英国だ。

 航空機エンジン世界大手のロールス・ロイスと防衛大手BAEシステムズなど英国勢は日本同様、2030年代の配備を目指す第6世代戦闘機構想「テンペスト」について研究を始めている。英国勢が日本に共同開発を持ち掛けるのは、テンペストの実戦配備の予定時期が日本がF-Xを配備する35年ごろとおおむね重なっているからだ。EU(欧州連合)離脱の影響やコロナ禍への対応など財政に余裕がない事情もある。

 調査研究だけで20億ポンド(約3000億円)かかり、開発・量産には数兆円かかるといわれるテンペスト。資金に限りがある中、英政府は日本の第6世代戦闘機プログラムにも入ることで、テンペストのエンジンも併せて開発したい思惑がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2424文字 / 全文2851文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「さまよう防衛産業」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。