コロナ禍の影響が続く中、生命保険の保険料負担に悩む人たちがいる。なぜ、年間数十万円にも達する契約を結んでしまうのか? 保険コンサルタントの後田亨氏は「実は、ほとんど常識で解決できる」と言う。
 今回は、お客様の「ありがちな間違い」の貯蓄・運用編。後田氏の著書『生命保険は「入るほど損」?!<新版>』に掲載されている「一目で損が分かる方法」を紹介したい。この記事では、さらに「行動経済学」にもとづく視点を加えて解説する。

 保険契約において家計に与えるダメージが大きいのは、貯蓄・運用目的で「終身保険」「養老保険」「個人年金保険」「変額保険」などに加入するケースです。

 なぜなら、生命保険は営業担当者や代理店に支払われる手数料などが高く「積み立てや運用に回るお金が少ない」からです。「お金が増えにくい仕組み」なのです。

 設計書などで、加入から「1年後に解約した場合の払戻金」を確認すると分かります。例えば、外資系保険会社の「ドル建て保険」で、保険料を毎月積み立てる場合、1年後の払戻額がゼロという事例も見かけます。
 保険証券の発行などに要する経費があるとしても、「最初の1年間に支払う保険料はほとんど手数料などに消える」と想像できるのです。

 保険料を一括で払い込む契約でも同じです。仮に保険料が1000万円で1年後の払戻額が950万円であれば「50万円が銀行窓口などの代理店に支払われる」とみていいのです。
 「1000万円がいきなり950万円に減って運用が始まる。不利に決まっている」などと考えられるのではないでしょうか。

 とはいえ、現実には貯蓄や運用目的で保険に加入し、元本割れなどの問題を抱える人は少なくありません。預金金利への不満や老後資金への不安など、諸々の「感情」が影響しているからでしょう。

 問題の予防・解決には、人の非合理的な行動について解明している「行動経済学」の知見が役に立ちます。以下、保険相談にいらした方々から頻繁にお聞きする発言を例に解説します。

続きを読む 2/4 1 老後資金が不安なので「個人年金保険」を検討しています

この記事はシリーズ「生命保険は「入るほど損?!」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。