労働条件が悪化しているのに、日本の労働者の闘う意欲は衰える一方だ。過去20年以上にわたって賃金は停滞し、平均年収はついに韓国にも抜かれた。羊になってしまった労働者らを、革マル派の元活動家が一喝する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3426文字 / 全文5223文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「吉野次郎の新ニホン論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。