21年4月、イーロン・マスク氏が設立したスタートアップ、米ニューラリンクは1本の実験動画を公開した。

ニューラリンクがユーチューブ上で公開した動画。脳にチップを埋め込まれたサルが「意思」だけでゲームを操作し、画面下の管からご褒美のスムージーを飲んでいる
ニューラリンクがユーチューブ上で公開した動画。脳にチップを埋め込まれたサルが「意思」だけでゲームを操作し、画面下の管からご褒美のスムージーを飲んでいる

 実験に参加した9歳のサル「ペイジャー」は、ディスプレーの前に座り、ボールを打ち返す卓球のようなゲームをしている。ゲームを操作するためのコントローラーやジョイスティックは存在しない。その代わり、ペイジャーの頭蓋骨にはチップが埋め込まれている。チップによって脳の神経活動を測定し、「意思」だけで、テレビゲームを操作することに成功したのだという。サルが握っているのはご褒美として得られるバナナスムージーを飲むための管だ。

 意思や思考のみでコンピューターや機械を動かす――。こうした世界を目指し、ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)と呼ばれる技術の研究が進んでいる。BMIとは、文字通り脳と機械を結び付ける技術のこと。脳の神経細胞が発する電気信号や脳血流の変化などを測定。コンピューターと接続し、脳の動きを分析して外部の機械を操作する。逆に、脳に電気信号を送ることで、視覚や聴覚を呼び起こすこともできる。

 ニューラリンクの実験では、サルの左右の脳にチップを埋め込み、脳の活動を記録している。まず、サルに実際にゲーム用のジョイスティックを操作させ、脳の活動とジョイスティックの操作の関係をモデル化。結果、脳の活動の測定を通じて、サルが意図する操作をリアルタイムで予測することに成功し、物理的なジョイスティックなしでも、脳内でイメージするだけでゲームを操作できるようになったという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1984文字 / 全文2643文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ヒトを超える「人間拡張」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。