「手遅れ仮説」は本当か?

高橋氏:発達障害と聞くと、「見逃しちゃいけない」と思う方が多いのですが、実はそうでもないんです。早い時期に診断を付けることで、本来楽しめるはずだった育児を、不安と療育だけで満たすようなことは避けたほうがいいはずです。

でも、手遅れになることはないのでしょうか? 

高橋氏:「手遅れになる仮説」みたいなのがあって、皆さん心配して来院されるんですが、少なくとも通常の日常生活を送っている子どもの場合には、そのような焦りは不要と思っています。

それはなぜですか?

高橋氏:現代の日本のように成熟した社会であれば、親御さんや周囲にいる誰かが「この子、日常的に困難を感じているな」と気付いたときに、その困難さの本質を理解するために診断を付ければ十分で、手遅れにはなりません。

 虐待事例を別にすれば、お父さんもお母さんも育児に関心があり、愛情を持ってお子さんに目を向けているものです。保育園や幼稚園に預ける機会もある。そういうお父さんやお母さんが、園の先生方が、「子ども自身が困難を感じはじめた」そのタイミングで違和感を覚えないということはまずありません。周囲の誰かが必ず気付くものです。

息子のLDに最初に気付いてくれたのは、小学校1年生のときの担任の先生でした。確かにそうかもしれません。

高橋氏:2歳ぐらいで“ADHDの疑い”で病院に連れて来られる子がいるんです。でも、考えてみてください。2歳で落ち着きのある子っているでしょうか? 落ち着き払った2歳児のほうがむしろ心配です。2歳や3歳で集団指示に従わない、一人で走り回っている、机の上でダンスをする。それが日常生活に支障をきたすことになっているなら別ですが、「こういう子いるよね」というレベルであれば心配ありません。

次ページ 「このまま小学校に入学して大丈夫か?」