2歳児を「自閉症」と確定診断するのは相当に難しい

高橋氏:例えば、2歳になる子を「うちの息子は自閉症(ASD*1)です!」「手遅れにならないように、何とかしてください!」と病院にやって来るお母さんがいるんです。

 ネット上などの情報を基にご自身で診断して、必要以上に慌てておられる場合には、その親心、むやみな心配が、そのご家族を不幸にしてしまう可能性があります。さらに、お母さん自身が思い悩みすぎて、すでに不幸になっている場合もある。まだ、何の診断も付いていないのに。

 だから僕は、診断に基づいて生活環境を変えること(介入)でお子さんやご家族の苦しみを和らげることが期待される場合を除いて、発達障害という診断名を告げることには慎重です。特にASDについてはね。多少の疑いはあっても、あえて「ご心配は分かるのですが、自閉症とは言いきれないですね」って言うことも多いです。そのような曖昧ともとれる言い回しがご家族のためにはむしろいいと思える場合も多いからです。

 お母さんの悩みはもちろんしっかりと聞きます。親の持つ違和感というのは、小児科の診断においてとても大事なことだからです。でも、2歳や3歳ではそもそもASDについて確実な診断を付けることは、一部のお子さんを除いてなかなか難しいのです。さらに、ASDという診断を付けても、付けなくても、お子さんに対してしてあげられることは大差ないのです。

 もし、お子さんが、すでに療育(発達支援*2)の施設や教室に通っているというなら、「お子さんが楽しめているか」「お母さんの負担になっていないか」、その2つに気を付けてくださいと伝えます。なぜなら、頑張っているのに成果が出ないとなると、お母さんも苦しくなってしまうからです。

 療育については、どんなに頑張って続けたところで、お子さんが突然、劇的に変わるということはありません。さらに、良くならないばかりか、成長するにつれて、ますます困難が増していると感じられることもあるかと思います。でも、それは療育を始めるタイミングが遅かったとか、やり方が間違っているとか、お母さんやお父さんの責任ではないのだ、と強くお伝えしています。

社会生活が広がっていくから、困難も増えていく可能性があるということですね。

高橋氏:その通りです。もしも困難が増えずに一定レベルを維持したまま、お子さんの社会生活の範囲が広がっているとしたら、それは進歩していることになるんです。でも、頑張っているお母さんにしてみると、現状維持では納得ができないんですね。

*1.自閉スペクトラム症、ASD(Autism Spectrum Disorder) 
*2.「療育(発達支援)」とは、障害やその可能性がある子どもに対しての支援。日常や勉強での困りごとの解決に取り組むだけでなく、将来の社会参加を視野に入れた活動を行う。自治体が運営する児童発達支援センターのほか、民間の教室などがある。

次ページ 「発達障害」と気付かないことの幸せ