注目を集めながらも、理解しにくい「発達障害」の世界。そんな「発達障害のリアル」を、自身も発達障害(学習障害)の息子を育てるフリーランス編集者・ライターの私(黒坂真由子)が模索し、できるだけ平易に、かつ正しく紹介することを試みる本連載。

 今回も、日本で初めてADHD(注意欠如・多動症)専門外来を立ち上げた医師の岩波明氏のインタビュー。3回シリーズの最終回となる(前回はこちら)。

 発達障害の問題を複雑にしている「誤診」と「二次障害」、そして「遺伝」について、専門家の立場から詳しく話を伺った。

<span class="fontBold">岩波 明(いわなみ あきら)</span><br>昭和大学医学部精神医学講座主任教授(医学博士)。1959年、神奈川県生まれ。東京大学医学部卒業後、都立松沢病院などで臨床経験を積む。東京大学医学部精神医学教室助教授、埼玉医科大学准教授などを経て、2012年より現職。2015年より昭和大学附属烏山病院長を兼任、ADHD専門外来を担当。精神疾患の認知機能障害、発達障害の臨床研究などを主な研究分野としている。特に大人の発達障害に詳しい(写真:栗原克己)
岩波 明(いわなみ あきら)
昭和大学医学部精神医学講座主任教授(医学博士)。1959年、神奈川県生まれ。東京大学医学部卒業後、都立松沢病院などで臨床経験を積む。東京大学医学部精神医学教室助教授、埼玉医科大学准教授などを経て、2012年より現職。2015年より昭和大学附属烏山病院長を兼任、ADHD専門外来を担当。精神疾患の認知機能障害、発達障害の臨床研究などを主な研究分野としている。特に大人の発達障害に詳しい(写真:栗原克己)

発達障害には、誤診も多いという話を聞くのですが、実際はどうなのでしょうか?

岩波明氏(以下、岩波氏):「うつ病と言われたんですが、本当は発達障害じゃないでしょうか?」と来院する人は、たくさんいます。そしてその場合、発達障害を疑う患者さんのほうが正しいことが多いと思います。ただ、合併している場合もあるので、すべてが誤診というわけではありません。

合併しているというのは、どういうことでしょうか?

岩波氏:もともと「注意欠如・多動症(ADHD*1)」や「自閉スペクトラム症(ASD*2)」があり、それにプラスして二次的にうつ病が生じているんですね。

前回、発達障害のある人というのは、子どもの頃から「だらしない」「ちゃんとしていない」「ふざけている」などと、親や先生から責められることが多く、自尊感情が損なわれやすいというお話を伺いました。それが原因で、うつ病を発症するということですか。

岩波氏:そういうケースもあります。ですから、表面だけ見ればうつ病なんですが、根本には発達障害がある人が多いんです。

*1. 「Attention—Deficit/Hyperactivity Disorder」の略
*2. 「Autism Spectrum Disorder」の略

例えばADHDでなおかつうつ病という場合は、どちらの治療を優先するのでしょうか。一緒に行うのですか?

岩波氏:うつ病が重い場合は、まずうつ病の治療をします。うつ病が改善してから、ADHDの治療をするかどうかを再検討するわけです。

 うつ病は、発達障害の「二次障害」として一番多い疾患です。

「二次障害」とは、どういうことでしょうか?

続きを読む 2/5 発達障害の「誤診」がもたらす悪循環

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2209文字 / 全文5134文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「もっと教えて!「発達障害のリアル」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。