注目を集めながらも、定義すら流動的で理解しにくい「発達障害」の世界。そんな「発達障害のリアル」を、自身も発達障害(学習障害)の息子を育てるフリーランス編集者・ライターの私(黒坂真由子)が模索し、できるだけ平易に、かつ正しく紹介することを試みる本連載。

 今回は、前回に続き、日本で初めてADHD(注意欠如・多動症)専門外来を立ち上げた医師の岩波明氏のインタビューをお届けする。

 発達障害の中でもADHDは、「成人の精神科関係の疾患で一番多い」といわれる。大人になって初めて「自覚」し、診断を受けてがっかりするどころか「ほっとする人」が大半という。

先生のところに受診に来る患者さんは、どのような方が多いのですか?

岩波明氏(以下、岩波氏):20代から30代前半の社会人で、4年制大学を卒業された方が多いですね。有名大学を出た、いわゆるエリートもいます。これまで「よくできる優等生」だったのに、働き出したら「なんでこんなこともできないんだ」と怒られてしまう。会社でのそんな状況が引き金となり、自分から受診する人と会社から勧められて受診する人がいます。

 大人の発達障害は、「注意欠如・多動症(ADHD*1)」と「自閉スペクトラム症(ASD*2)」が主要な疾患であるというお話を前回しました。このうち、数としては圧倒的にADHDのほうが多いんです。いろいろな統計があるのですが、大人に占めるADHDの割合は低く見積もって2~3%、多いと4~5%という統計もあります。5%だとすると、かなりの数ですよね。日本で500万人以上はいることになります。

*1.「Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder」の略
*2.「Autism Spectrum Disorder」の略

すると、同じフロアに30人の人がいたら、1人はいる計算ですね。

岩波氏:そうですね。成人の精神科関係の疾患で一番多いといわれているのがADHDです。ただ、ほとんどの人が軽症なんですよ。「疾患」といっていいかどうかも分からないくらいの人が多いんです。社会で普通にやっていける人が大多数です。医者の中にも結構いますよ。診断は付くけれども、治療は受けないという人も多いですね。

 実は、大人と子どもでは統計結果に差があって、子どもに占めるADHDの割合は少なく見積もっても6%ほどになります。

<span class="fontBold">岩波 明(いわなみ あきら)</span><br>昭和大学医学部精神医学講座主任教授(医学博士)。1959年、神奈川県生まれ。東京大学医学部卒業後、都立松沢病院などで臨床経験を積む。東京大学医学部精神医学教室助教授、埼玉医科大学准教授などを経て、2012年より現職。2015年より昭和大学附属烏山病院長を兼任、ADHD専門外来を担当。精神疾患の認知機能障害、発達障害の臨床研究などを主な研究分野としている。特に大人の発達障害に詳しい(写真:栗原克己)
岩波 明(いわなみ あきら)
昭和大学医学部精神医学講座主任教授(医学博士)。1959年、神奈川県生まれ。東京大学医学部卒業後、都立松沢病院などで臨床経験を積む。東京大学医学部精神医学教室助教授、埼玉医科大学准教授などを経て、2012年より現職。2015年より昭和大学附属烏山病院長を兼任、ADHD専門外来を担当。精神疾患の認知機能障害、発達障害の臨床研究などを主な研究分野としている。特に大人の発達障害に詳しい(写真:栗原克己)
続きを読む 2/5 ADHDの診断を受けて「ほっとする人」がほとんど

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1795文字 / 全文5060文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「もっと教えて!「発達障害のリアル」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。