「発達障害のリアル」を模索する本連載。前回に続き「発達性読み書き障害」について。

 発達性読み書き障害は、知能に問題がないとしても、読み書きに著しい困難を覚える障害。日本人の7~8%が該当し、40人のクラスならば3人程度はいるという身近な存在だ。この連載を取材、執筆する私(黒坂真由子)の息子にもこの障害がある。

 取材したのは、宇野彰氏。筑波大学元教授で、現在はNPO法人LD・Dyslexiaセンター理事長として、発達性読み書き障害の子どもたちの支援などを手掛ける。

 発達性読み書き障害の原因は、大脳の機能の一部が弱いことにあると、宇野氏は指摘する。どのような機能の弱さが、読み書きの困難につながるのか。

発達性読み書き障害とは「知能に問題がないとしても、読み書きだけができない」という障害だと、前回教わりました。しかし、このようなことが起きるのは、なぜでしょう? 私の息子には発達性読み書き障害がありますが、小学校低学年のころ、お手本がすぐ横にあるのに、字を書き写せないことが不思議でなりませんでした。

宇野彰氏(以下、宇野):大脳の機能の一部に生まれつき、弱いところがあると考えられています。大脳の機能が全体に弱ければ、知能の問題で、読み書きに問題が生じることもあります。ただし、このようなケースは発達性読み書き障害とは呼びません。

知能が正常であるとしても、問題が生じるというのが、発達性読み書き障害の重要な特徴でしたね。

宇野:ええ。発達性読み書き障害の場合、大脳の機能「全体」ではなくて、「一部」に弱いところがあるのです。

どのようなところが弱いのでしょうか?

宇野彰(うの・あきら)
筑波大学元教授、発達性ディスレクシア研究会理事長、NPO法人LD・Dyslexiaセンター理事長。医学博士。言語聴覚士。読み書きが困難な子どもたちの指導をするかたわら、指導ができる先生を増やすために尽力。「改訂版 標準読み書きスクリーニング検査 ー STRAW-R」を開発。著書に『標準読み書きスクリーニング検査―正確性と流暢性の評価』(共著、インテルナ出版)『ことばとこころの発達と障害』(永井書店)、『「うちの子は字が書けないかも」と思ったら』(ポプラ社)などがある。(写真:的野弘路)

次ページ 文字の読み書きには、視覚認知も関係している