「発達障害のリアル」を、自身も発達障害(学習障害)の息子を育てるフリーランス編集者・ライターの私(黒坂真由子)が模索する本連載。

 発達障害に対応するとき、直視せざるを得ないのが、知的障害の有無だ。

「発達障害に知的障害が伴うかどうかで、生じる課題や対応策は違ってくる」。こう指摘するのは、立命館大学教授で医学博士、臨床心理士でもある宮口幸治氏。『ケーキの切れない非行少年たち』『どうしても頑張れない人たち』(ともに新潮新書)などの著作でも知られる。

 『ケーキの切れない非行少年たち』は、発達障害の問題を取り上げた本として読まれることも多いが、この本で宮口氏が本当に問題視しているのは「気づかれない境界知能と軽度知的障害」なのだという。

 発達障害と知的障害は、どのような関係にあるのか。知的障害があるかどうかで、発達障害への対応はどう変わるのか。見過ごされやすいという「境界知能」と「軽度知的障害」の問題と絡めて尋ねた。

先生は著書『ケーキの切れない非行少年たち』で、発達障害や知的障害のある子どもたちの存在について、社会に問題を投げかけておられます。

宮口幸治氏(以下、宮口氏):いえ、それが違うのです。誤解している方が多いのですが、あの本で私が問題にしているのは「発達障害」というより、「気づかれない境界知能と軽度知的障害」なのです。

そうだったのですか。では、先生が問題とされている「気づかれない境界知能と軽度知的障害」とは何でしょうか。定義から教えていただけますか?

宮口:まず「知的障害」の定義を確認しましょう。

宮口幸治(みやぐち こうじ)
宮口幸治(みやぐち こうじ)
立命館大学教授。一般社団法人日本COG-TR学会代表理事。医学博士、臨床心理士。京都大学工学部を卒業後、建設コンサルタント会社に勤務。その後、神戸大学医学部を卒業。児童精神科医として精神科病院や医療少年院、女子少年院に勤務。認知機能を向上させるトレーニング「コグトレ」を開発。コグトレの普及、研究のための「日本COG-TR学会」を主宰。『ケーキの切れない非行少年たち』『どうしても頑張れない人たち』(ともに新潮社)『マンガでわかる 境界知能とグレーゾーンの子どもたち』(扶桑社)など著書多数。

次ページ 「知的障害」の認定基準が厳しくなった