「手を抜く」などという器用なことはできない

鈴木:発達障害がある人の場合、普通の人より仕事を覚えるまでに時間がかかることが多いので、3カ月や6カ月くらいで「この仕事は合わない」と結論づけるのは早すぎると思います。

 あとは繰り返しになりますが、本人の得意・不得意を把握することが大事です。発達障害がある人には「手を抜く」なんていう器用なことはできません。ずっとできないことがあったら、その人にとってはどんなに頑張ってもできない可能性が高い。やる気がなくてできないのではない、ということです。

「やる気の問題にしない」ということですね。怠けているとかふざけているとかではないってことですよね。

鈴木:そこは理解しておいたほうがいいですね。むしろ頑張りすぎて疲れ果てているケースのほうが多いはずです。

文字で伝える。1時間ごとに伝える

職場でコミュニケーションをとるときのコツはありますか。

鈴木:指示は文字で伝える、1時間に1回伝える。1日に1回伝えるのでは忘れてしまうので、1時間に1回。これが結構、大事だったりします。

 いつ何をしたらいいかが分かりやすいように、時間割表をつくったり、「ここにいるときはこの仕事をする」と、仕事の内容と仕事をする場所をリンクさせたり。こういう工夫を私は「構造化」と呼ぶのですが、分かりやすさへの配慮は重要になってくると思います。

 あとは、とにかく視覚化して伝えることですね。例えば、何を説明するときもホワイトボードに書きながらするとか。私はもう癖になりました。いつも学校で先生が授業をしているような感じです。

視覚化すると、よく伝わりますか?

鈴木:ええ。情報には大きく分けて、視覚情報と音声情報があります。視覚情報は見返すことができますが、音声情報はその場限りです。相手に確実に伝えたいときには、見返すことができる視覚情報を使うことを意識するといいと思います。

口頭で伝えるだけではなくて、プリントやメールでも伝えるということですね。見返すことができるように。

鈴木:コミュニケーションの問題を「得意・不得意」だけで片付けてしまうと、発達障害がある人には応用できません。コミュニケーションのどこが得意でどこが苦手か、どういう対策をすれば伝わるかと考えたとき、文字や映像といった「形に残るコミュニケーション」と、その場限りの「形に残らないコミュニケーション」に分けて考えることには意味があると思います。

 発達障害がある人には発信より受信が苦手な傾向があります。ですから、こちらから伝えたいことをきちんと理解してもらうということが、一緒に仕事をしていくうえで重要なんですね。「コミュニケーション」というと、どうしても「うまく伝えられない」とか「話せない」と考えてしまいがちですが、実は「きちんと受け取ってもらえていない」ことが問題で、「受け取ってもらうにはどうしたらいいか」という方向で考えると、解決策が見えてくることがあります。

 同じことを何度も繰り返して言うのも大事です。多くの人は1回指示するとそれで終わりにしてしまいますが、細かく何度も指示することが大切です。「刷り込む」くらいでちょうどいいと思います。

でも、「何度も言ったら失礼かな?」と思ってしまうんですよね。

鈴木:その気遣いは要らないことが多いです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2569文字 / 全文5863文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「もっと教えて!「発達障害のリアル」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 成田悠輔×安田洋祐 激論!「ビジネス+経済学」

 米グーグルなど最先端企業で経済学者の採用が相次いでいます。最新の経済学は様々なビジネス活動を遂行する根拠となり、確実性を高めることが実証されています。一方、日本に目を向けてみれば、仕事場でも「本当は防げる失敗」が繰り返されているのが実情です。

 日経ビジネスLIVEは日経BOOKプラスと共同で、7月19日(火)20:00~21:00に「気鋭の経済学者が激論『経済学はビジネスに役立つか?』」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは米イェール大学助教授の成田悠輔氏と大阪大学大学院准教授の安田洋祐氏。本当に役立つ経済学を、ビジネスに取り入れるにはどうすればいいか。経済学の活用を通じて企業はどんなメリットを得られるのか。気鋭の経済学者による議論をお届けします。

■開催日:2022年7月19日(火)20:00~21:00(予定)
■テーマ:成田悠輔×安田洋祐 気鋭の経済学者が激論「経済学はビジネスに役立つか?」
■講師:米イェール大学助教授・成田悠輔氏、大阪大学大学院経済学研究科准教授・安田洋祐氏
■モデレーター:エコノミクスデザイン共同創業者・代表取締役・今井誠氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。