「計算ができない」ことを隠したい

沖田:「計算ができない」ということが、どうしても言えなかった。ものすごく致命的なことに思えて、恥ずかしくて。今は開き直って、「学習障害で計算ができないので、給与計算は自己申告制で」とお願いしています。

 字が書けないことも、小学校のときと違って、今ではそんなに目立たないんですけど、ちょっとしたことではた目に分かってしまう瞬間があって、そんなときには「ううっ」となります。引け目を感じることは、今でもたまにあります。

お話をうかがってきて、沖田さんは、大変な思いをしながら、ものすごく頑張ってこられた方なんだなと感じています。

沖田:そうですか? 運が強いだけだと思いますよ。思い立ったらすぐに行動するのがよかったのかな。

 私は結構ふらふらしてしまって、自分が最も向いていないマルチタスクが必要な看護師になってしまった。もっと早く発達障害について分かっていればよかったなと思います。そうすれば、いろいろ対策もできたし、得意なことももっと早く見つけられたのかなと。

 この世で一番尊敬するのはコンビニの店員さんです。あれだけいろんなことをしているマルチタスクの職業、見たことないです。レジをやりながら、宅配便の手配をして、公共料金の支払いの手続きをして、品出しして、揚げ物も揚げなきゃいけない。手が10本あっても足りないわって。だから、手際がものすごく悪い店員さんがいて、レジに行列ができても、私、絶対文句を言わないです。「頑張ってる、偉い、偉いよ」と思って。私なら発狂して、きっとその場で泣いてしまう。「いらっしゃいませ」が言えない店員さんでも、コンビニで働けるなんてすごいなって、本当に尊敬する。すごい、ありがとうって、いつも感謝しています。

4回に分けてお届けしてきた沖田さんのインタビューも最終回。取材後にインタビュアーと(写真:栗原克己)
4回に分けてお届けしてきた沖田さんのインタビューも最終回。取材後にインタビュアーと(写真:栗原克己)
■『毎日やらかしてます』シリーズ、好評販売中!

自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群)・ADHD(注意欠如・多動症)・LD(学習障害)という3つの発達障害を持つ作者が、日常生活での自身の「やらかし体験」をセキララに描く、大人気シリーズ。第7弾は、『わいわい毎日やらかしてます。発達障害漫画家の日々』(ぶんか社)です!

この記事はシリーズ「もっと教えて!「発達障害のリアル」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

ウェビナー開催 成田悠輔×安田洋祐 激論!「ビジネス+経済学」

 米グーグルなど最先端企業で経済学者の採用が相次いでいます。最新の経済学は様々なビジネス活動を遂行する根拠となり、確実性を高めることが実証されています。一方、日本に目を向けてみれば、仕事場でも「本当は防げる失敗」が繰り返されているのが実情です。

 日経ビジネスLIVEは日経BOOKプラスと共同で、7月19日(火)20:00~21:00に「気鋭の経済学者が激論『経済学はビジネスに役立つか?』」と題して、ウェビナーをライブ配信する予定です。登壇するのは米イェール大学助教授の成田悠輔氏と大阪大学大学院准教授の安田洋祐氏。本当に役立つ経済学を、ビジネスに取り入れるにはどうすればいいか。経済学の活用を通じて企業はどんなメリットを得られるのか。気鋭の経済学者による議論をお届けします。

■開催日:2022年7月19日(火)20:00~21:00(予定)
■テーマ:成田悠輔×安田洋祐 気鋭の経済学者が激論「経済学はビジネスに役立つか?」
■講師:米イェール大学助教授・成田悠輔氏、大阪大学大学院経済学研究科准教授・安田洋祐氏
■モデレーター:エコノミクスデザイン共同創業者・代表取締役・今井誠氏
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料(事前登録制、先着順)。

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。