「やめる」という言葉には、ネガティブな印象がつきまとう。「あきらめる」「断念する」「失う」。しかし本当にそうだろうか? 多くの人は人生に「埋没(サンク)コスト」を抱えている。それは「せっかく◯◯したのだから」という言葉で表すことができる思考や行動パターンのことだ。今回、『「やめる」という選択』の著者で、2020年に日本マイクロソフトを卒業した澤円氏と、『世界「失敗」製品図鑑』の著者で、学びデザイン代表取締役社長の荒木博行氏に、「失敗の克服とやめることの関係性」について語ってもらった。前編のテーマは「大企業の新規ビジネスが失敗しやすい本質的な理由」。

「やめられない」ことが、失敗の傷を広く深くする

荒木博行氏(以下、荒木):前著『世界「倒産」図鑑』を書いたとき、「なぜあえて倒産事例を調べたのか?」と聞かれることがよくありました。僕たちはつい、成功事例に目を向けて、そこから学びを吸収しようとしますが、実は失敗のケースは成功よりもある意味で大きな気づきを与えてくれますし、僕たちの行動を変える機会を与えてくれると考えているんです。

澤円(以下、澤):たしかに他人の失敗から学べることって多いですよね。僕はマイクロソフト、荒木さんは住友商事と、どちらもいわゆる「大企業」にいましたが、大企業ならではの失敗ってありますか?

荒木:そうですね、大企業が陥りやすい失敗のパターンに、「一貫性の罠(わな)」があると思います。

<span class="fontBold">荒木 博行(あらき・ひろゆき)<br> 株式会社学びデザイン代表取締役社長</span><br>住友商事、グロービス(経営大学院副研究科長)を経て、株式会社学びデザインを設立。フライヤーやNewsPicks、NOKIOOなどスタートアップ企業のアドバイザーとして関わるほか、絵本ナビの社外監査役、武蔵野大学で教員なども務める。『藁を手に旅に出よう』(文藝春秋)、『見るだけでわかる! ビジネス書図鑑』シリーズ(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『世界「倒産」図鑑』『世界「失敗」製品図鑑』(日経BP)など著書多数。</a>
荒木 博行(あらき・ひろゆき)
株式会社学びデザイン代表取締役社長

住友商事、グロービス(経営大学院副研究科長)を経て、株式会社学びデザインを設立。フライヤーやNewsPicks、NOKIOOなどスタートアップ企業のアドバイザーとして関わるほか、絵本ナビの社外監査役、武蔵野大学で教員なども務める。『藁を手に旅に出よう』(文藝春秋)、『見るだけでわかる! ビジネス書図鑑』シリーズ(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『世界「倒産」図鑑』『世界「失敗」製品図鑑』(日経BP)など著書多数。

荒木:歴史がある企業ほど、「過去、こういうことを言ってきた」「こういうことを大切にして成功してきた」という蓄積があるんですよ。その施策が作られたときは、環境にフィットしていたから、合理的にその施策が生まれたのですが、代々それが受け継がれていくうちに、環境との整合性がすっかり忘れられて、施策、つまり「やり方」ばかりが残ってしまう。

 多くの失敗は、環境が変わっているにもかかわらず、施策ややり方だけが残っているときに起こるんです。

:荒木さんの新刊の『世界「失敗」製品図鑑』の中でいえば、1957年に発売された米フォード・モーター社の中級車「エドセル」の事例がまさにそうですよね。「俺たちは正しいことをやっている」と罠にはまって思い込んでいて、「正しいのにうまくいかないのはなぜだ」となってしまった。「うまくいくようにするのがビジネスとして正しい」はずなのに、その発想には至らない。

荒木:そうなんです。エドセルの開発は、「最新の顧客情報をベースに、社内的に正しいプロセスに則(のっと)って決められた、正しい意思決定」だったことがかえって災いして、誰も「世の中が変わっているかもしれない」ということに考えが及ばなかったのだと思います。

 「マネジメントとはかくあるべし」ということは、皆さん管理職になったときに研修などで教わると思うのですが、「なぜそれが必要なのか」という文脈や、外部環境の前提がごそっと抜け落ちていることがよくあるんです。そのため、誰も理由の分からない「やり方」だけが残ってしまう。それがまさに、失敗への道筋なのかなと思います。

続きを読む 2/5

この記事はシリーズ「新たな一歩を踏み出すための「やめる」という選択」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。