ユニクロの「野菜販売の失敗」と、そこからの学び

:荒木さんから見て、大企業の失敗の中でも足元の不安定さに敏感だったり、やめ方が見事だったりした事例はありますか?

荒木:『世界「失敗」製品図鑑』で紹介した中で話として参考になるのは、ファーストリテイリングの野菜事業です。

 ユニクロの製造から小売販売まで行う「SPA(specialist retailer of private label apparel)」というビジネスモデルを、野菜に展開したんですよね。当時のアパレルは、いろいろな商社などが間に入って、結果的に販売コストが高くなっているという現実があったわけです。ユニクロは、それを全部リスクテイクして、製造から販売まで一貫して行うことで成功したわけです。同じように品質をもっと高められる余地がある一方でコスト高になっているビジネスはなんだといったときに、そこに野菜というビジネスがあったわけです。その発想は抽象化であり、横展開で、むちゃくちゃ面白いと思います。

:「なるべく遠いものを結合させて考える」というのがイノベーションの源泉だと考えると、野菜と衣料を組み合わせようとしたのは、大いに評価されるべきだと、僕は思いますね。

荒木:はい。ただ、この事業は失敗ということになって、発案者であり社長を務めた柚木治さんは柳井さんに辞表を出すわけです。「もう僕はここにはいられない」と。それを柳井さんが引き留めるんですね。「お前、これだけ穴を開けて辞める気か」と。その後、柚木さんはジーユー(GU)の社長を務め、失敗経験からの学びを生かしてGUを成功に導くわけです。美しいストーリーだし、事業のやめ方のタイミングもよかった。

:いいタイミングでやめるには、足元の不安定さに敏感であることが大切ということですね。

荒木:その通りです。さらにいえば、「いつやめるか」というのも大事なのですが、短い、長いという話があるだけで、結局ビジネスというのはいつかはやめるわけです。そのときに大事なのは、それを次に、つまり次世代や次のビジネスにつなげられるか、という話なんですよね。ファーストリテイリングは、野菜事業の失敗をGUの成功につなげたわけです。

:失敗を生かすことができるかどうか、そこから何を学べるか。

荒木:はい。成功するかどうかは、まさにその時々の足元の潮流もあれば、サプライヤーとの相性や、テクノロジーの違いもあります。そしてもちろん、運と縁みたいなものもありますね。だからこそ大事なのは、それをどう総括するかということだと思うんです。

 ファーストリテイリングは失敗を経営者がちゃんと総括した上で、「そこから我々はこういうことを学んだ」ということを公表している。こういう企業って、実はなかなかないんですよ。やはり企業の「恥」の部分になってしまうので。

:すごくいいですね。データ分析ばかりして、「うーん、あれはよくない」という話を延々としているよりは、「やってみましたけど、衣料と野菜は違いました」って。やっぱり、ネガティブな「かもしれない思考」を乗り越えて飛び込んで、ちゃんと総括するからこそ、次の成功につなげられるということですね。

(構成:黒坂真由子)

(後編に続く)

人生を自由にデザインするために

本当はやりたくないし、実はやる必要もないのに、自分自身がそれに気づかず、
「せっかく○○したから」
「これまで○○してきたから」
という理由だけで続けていること。
それが、人生の「埋没(サンク)コスト」です。

「発言しないけれど、出なきゃいけない会議」
「本当は気乗りがしない人脈構築のための会合」
「買ったけど、全然着ていない服。使っていないもの」
「いつの間にか“固執”してしまっている夢や目標」…… こうした、無意識のうちに人生の重荷となっている「埋没コスト」に目を向けて、
「やめる」という選択肢を持つこと。
それが、これからを自分らしく生きていくための「自己中」戦略であり、
「自分の人生を生きる」ということです。

本書で“コスト化”したヒト・モノ・コトとの関係性を見直して、
人生を自由にデザインしていきましょう。

この記事はシリーズ「新たな一歩を踏み出すための「やめる」という選択」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。