自分が使える時間は限られているのに、有効活用できない人は多い。終わりのないTodoリストを抱えてため息をついているなら、今こそ何かを「やめる」ときではないだろうか。やりたくないし、やる必要もないのに、「せっかく○○したから」という理由で続けていることが、あなたにもきっとあるはずだ。それは人生の「埋没(サンク)コスト」となり、あなたからあらゆる機会を奪っている。今回は『「やめる」という選択』の著者で、2020年に日本マイクロソフトを卒業した澤円氏と、電通、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)などを経て独立した山口周氏に、「やめる」という選択について語ってもらった。前編のテーマは、「東京を『やめる』」。

「東京で暮らす」がいつの間にか「埋没コスト」になっていた

澤円(以下、澤):僕はね、周さんが葉山に移住して仕事をされているのを見て、すごく羨ましくなったんです。ちょうど1年前、葉山での対談をお願いしたときに、Tシャツと短パンで颯爽(さっそう)と現れて。

山口周氏(以下、山口):ビーサン(ビーチサンダル)でしたね、あのとき。

:「これがフォーマルだ」って。そういう姿が羨ましくて、それで、千葉の海の近くにも拠点を持つことにしたんですよ。

山口:そうだったんですね。僕は今、葉山に住んでいますが、家がビーチのそばにあるので、Tシャツすら着ていない人が普通にプラプラ歩いている。ワードローブが、東京にいた頃とは変わりました。

<span class="fontBold">山口 周(やまぐち・しゅう)<br> 独立研究者、著作家、パブリックスピーカー</span><br> 1970年東京都生まれ。電通、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)などで戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。著書に『ビジネスの未来』『ニュータイプの時代』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』『武器になる哲学』など。慶応義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了。中川政七商店社外取締役、モバイルファクトリー社外取締役。神奈川県葉山町に在住。(写真は2020年、葉山にて。以下同)</a>
山口 周(やまぐち・しゅう)
独立研究者、著作家、パブリックスピーカー

1970年東京都生まれ。電通、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)などで戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。著書に『ビジネスの未来』『ニュータイプの時代』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』『武器になる哲学』など。慶応義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了。中川政七商店社外取締役、モバイルファクトリー社外取締役。神奈川県葉山町に在住。(写真は2020年、葉山にて。以下同)

山口:コンサルタントという仕事柄、以前は結構いいスーツを着ていたんですよ。シャツにもこだわったりしてね。シーズンごとに専門店に行って、4、5枚まとめて買ったりしていたんですけど。でも、ここ2年間は、ワイシャツは1回も着ていないですね。ネクタイも最後にしたのは4年前くらいかな。

:僕はどうだろう? 前回スーツを着たのは……あ、そうだ、先月着たんだ。

山口:澤さんのスーツは、スーツじゃないよ。前にスーツを着ているときに会いましたが、赤とオレンジのチェック柄みたいな、ものすごい柄でしたよ。

:そうかもしれません(笑)。たしかその頃は、「スーツを着ないで済む暮らし」とか「あえて東京から離れる暮らし」を「贅沢(ぜいたく)」だと思っていたんですよ。限られた人たちが成功の結果として手に入れるステータスのようなものだ、というふうに。

 ただその後、周さんが葉山に移住したのを知りました。僕が知っている周さんは、ステータスのために引っ越しをするような人ではないので、気になって注目していたんです。

山口:もうお付き合いも長いですからね。

:そうそう。それで周さんの様子を解像度を高くして見てみたら、「ああ、やっぱりそうじゃないんだ」と。時間というものを豊かに生きるために、そこにフォーカスするために、葉山に住んでいる、ということが分かったんですね。

 「それなら自分も」と、僕も東京一辺倒をやめて千葉のほうに拠点を増やしてみたら、住宅購入コストはすごく低いし、生活コストは安いし、東京から車で1時間半で行けるし。ハードルは高くなかったです。

山口:僕は澤さんとは違って、会社をやめて東京を離れるという決断をするまでに、実はすごく時間がかかっているんです。戦略コンサルの会社というのは、一度やめてしまうと戻るのが難しいからと考えてしまって、なかなか決断できなかったんですよ。これが、澤さんが『「やめる」という選択』で書かれている「埋没コスト」ですよね。本、読ませていただきましたけど、同感、ということばかりでした。

:ありがとうございます。確かに周さんの状況は、過去に費やした時間や実績が、もう未来においては何の役にも立たないのに、もったいないと思って続けてしまうという意味で、「埋没コスト」ですね。「苦労して会社に入ったのだからもったいない」「お給料がいいのにもったいない」というような……。

山口:そうです。会社からもやめるなと慰留されて、金銭的にもかなり恵まれたポストでしたし、仕事も面白かった。だから「こうなれたらいいな」という状態に、外形的にはなっていたんです。

 ただ、当時の悩みがEvernoteに残っていて、そこに書かれているのは「なんでこんなに気分が沈むのか分からない」でした。自分の人生という映画の、「脚本家、兼演出家、兼監督」として、直せるところはすべて直したはずなのに、気持ちはずっと沈んでいる。その頃は、自分の人生のどこをどう修正すればいいのか、分からない状態でした。

:それで、職業と住む場所を両方変えたんですね。

山口:「自分が今、何が楽しくて、何がすごくつらいか」ということを書き出してみたり、人の話を聞いたり、本を読んだりしていました。今はTシャツ・短パンでプラプラして、自分本位に立脚して判断していますけど、40歳くらいになるまでは、世の中でいわれている「いい暮らし」を追い求めてきたわけです。でも、その道をある程度進んだところで、期待したのと違うなと。全然幸福じゃないんですよ。ここに来るまでに紆余曲折(うよきょくせつ)ありました。

:そうなんですか!

山口:澤さんのほうが、僕より芯がありそうな気がします。

「葉山の海岸にて、Tシャツ、短パン、ビーサンの周さんとの2ショットです」(澤)
「葉山の海岸にて、Tシャツ、短パン、ビーサンの周さんとの2ショットです」(澤)
続きを読む 2/4 SNSの評価で初めて幸福を実感する「いびつ」

この記事はシリーズ「新たな一歩を踏み出すための「やめる」という選択」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。