日経MJの月曜付け連載「竹内謙礼の顧客をキャッチ」で、最も反響が大きかったコラムは? 取材先に地域ごとの特徴はあるか? なぜ副業をする人やサブスクリプション(サブスク)サービスが拡大しているのか? このほど出版した『逆境を活かす店 消える店』(日本経済新聞出版)の著者で、全国450社以上の中小企業や個人ビジネスを取材してきた、現場派マーケティングコンサルタント、竹内謙礼氏へのインタビュー第2弾。

コラムをきっかけに雑誌、SNS、テレビが後追い

読者の反響が一番大きかった回はどれですか。

竹内謙礼氏(以下、竹内):コラム掲載後、SNSやさまざまなメディアが追いかけ、テレビのクイズ番組に取り上げられた回がありました。

 福岡県久留米市に「軍手工房.com」というサイトを運営しているイナバという会社があり、ユニークな軍手や手袋を自社工場で製造・販売しています。この会社を取り上げたコラムを見たライターが、雑誌『モノ・マガジン』のカラー2ページで紹介しました。するとツイッターなどのSNSでどんどん拡散し、それを見たテレビ局の人がクイズ番組で取り上げました。よく言われていることなのですが、日経MJの記事やコラムは雑誌やテレビなどの人がネタ探しに見ているそうです。

軍手工房の軍手はどんなものですか。

竹内:軍手工房の稲葉順社長は新しいことを発明するのが大好きな職人です。例えば手袋の下につける手袋を「手袋の下着」と名づけてヒットさせました。また、銀の糸で編んだ抗菌・抗ウイルス効果のある手袋とか、犬の歯を磨くための手袋とか、職人がコツコツと今どきのヘンな商品を作っていると、メディアとしては取り上げやすかったのかなと思います。

取材先からの反応はいかがですか。

竹内:「コラム掲載後、売り上げが急増した」という連絡が取材先から届くことが時折あります。一番感謝されたのが、Amazonの出店者向けにコンサルティングをしているアグザルファという会社です。

 3~4年前でしたか、当時からAmazonの運営方法がブラックボックスで、よく仕様が変更される傾向がありました。同社はキーワードの打ち出し方や広告の使い方などを出店者向けにアドバイスしていました。そのことをコラムに書いたところ、顧客が急増し、アグザルファの比良益章社長からは、「後にも先にもお客さんからの問い合わせが一番増えたのは竹内さんのコラム」と言われました。

続きを読む 2/3 ユニークな四国、取材しやすい名古屋

この記事はシリーズ「逆境下でも小さな会社・お店が生き残る法」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。