海外企業がゲーム業界の新たな秩序を形成しようとしている中で、これまで世界をけん引してきた日本勢も巻き返しを図る。2つの大きな改革に挑むのがコナミだ。

コナミデジタルエンタテインメント(東京・中央)は最新作でウイニングイレブンの名を捨て、「eFootball」として国内外で統一する
コナミデジタルエンタテインメント(東京・中央)は最新作でウイニングイレブンの名を捨て、「eFootball」として国内外で統一する

 知っているサッカーゲームのタイトルを挙げてほしいと聞かれたら、ゲーム好きでなくても脳裏に浮かぶのが「ウイニングイレブン」ではないだろうか。

 1995年に発売され、四半世紀の歴史を誇る人気サッカーゲームで「ウイイレ」の愛称でファンから親しまれてきた。パッケージソフトとしてシリーズ累計で1億本以上の販売記録を持つ。だが、コナミデジタルエンタテインメント(東京・中央)が9月30日に発売する最新作に、その慣れ親しんだ名前はない。タイトルは「eFootball(イーフットボール)」だ。

 ゲーム会社にとって最も重要な資産の一つがIP(知的財産)だ。人気の高い作品には継続的にファンが付き、企業ブランドの根幹をなす。新たな名称でブランドを立ち上げるよりも、固定ファンを持つIPで継続してソフトを開発していく方が、開発者やユーザーそれぞれにメリットがあるとされてきた。にもかかわらずなぜ、コナミはそのIPをわざわざ「捨てる」決断を下したのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2689文字 / 全文3208文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ゲーム進化論」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。