<span class="fontBold">「日経ビジネスLIVE」とは:</span>「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト
「日経ビジネスLIVE」とは:「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

 コロナ対策で後手に回った日本は、多くの難問を抱えています。世界で必要とされる日本や私たちであり続けるために、必要なリーダーシップとは何でしょうか。日経ビジネスLIVEでは10月5~7日の3日間にわたり、ノーベル賞受賞者を含め、世界の名だたる経済・経営学の英知とともに「The Future of Management 2030:資本主義の再構築とイノベーション再興」というオンラインセミナーを実施しました。

 10月7日の特別対談に登場したのは、日本の企業経営を長年研究し、米国経営学界における「日本推し」では右に出る者がいないとされるウリケ・シェーデ教授と、既存事業と新規事業を両立させる「両利きの経営」の組織行動論で知られるチャールズ・オライリー教授です。

オンラインセミナーで対談する、ウリケ・シェーデ教授(下)とチャールズ・オライリー教授(右)
オンラインセミナーで対談する、ウリケ・シェーデ教授(下)とチャールズ・オライリー教授(右)

 研究仲間であり夫婦でもある著名な2人の経営学者は、キラリと輝く日本企業がたくさんあると強調しました。シェーデ教授はJSRに着目し、オライリー教授は富士フイルムやAGCから多くのことが学べると指摘します。共通点はどこにあるのでしょうか? 特別対談のアーカイブ動画を配信します。
 

※日経ビジネスLIVEで実施したウェビナー(2021年10月7日開催)の再配信です。

ニッポンのKAISHA再興を実現する『両利きの経営』

この記事はシリーズ「資本主義の再構築とイノベーション再興」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。