<span class="fontBold">「日経ビジネスLIVE」とは:</span>「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト
「日経ビジネスLIVE」とは:「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

 新型コロナ禍でデジタル化が急速に進展し、企業は働き方のみならず、価値観の見直しが求められています。一方で、ポストコロナの新時代を見据えた対策も考えなくてはなりません。思想信条や官民を問わず、地球の気候変動や格差拡大に対する取り組みが世界的に重要な課題と認識され、社会や人々の生活の質の向上に着目した資本主義の再構築が議論されています。

 日経ビジネスLIVEでは、10月5~7日の3日間にわたり「The Future of Management 2030:資本主義の再構築とイノベーション再興」と題したWebセミナー(ウェビナー)を開催。世界中の経済・経営学の英知を結集して、2030年の企業とマネジメントのあるべき姿について意見を交わしました。

 10月6日の基調講演「世界を変える『ウェルビーイング・マーケティング』」では、マーケティングの父とも呼ばれ、世界的に著名なフィリップ・コトラー・米ノースウェスタン大学経営大学院名誉教授と、「教科書通りの経営」を掲げる星野リゾートの星野佳路代表が登壇しました。デジタル革命がもたらすマーケティング革命と、顧客や消費者の幸福度(Well-being)を意識したマーケティング、そして私的な利益よりも社会や人々の生活の質の向上に着目した資本主義の刷新について、2人が交わした議論のアーカイブをお届けします。

世界を変える『ウェルビーイング・マーケティング』

この記事はシリーズ「資本主義の再構築とイノベーション再興」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。