<span class="fontBold">「日経ビジネスLIVE」とは:</span><br />「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト
「日経ビジネスLIVE」とは:
「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

 日経ビジネスLIVEでは、2021年10月5日~7日の3日間にわたり「The Future of Management 2030:資本主義の再構築とイノベーション再興」と題したWebセミナー(ウェビナー)を開催。ノーベル賞経済学者や世界的に著名な経営学者ら世界中の経済・経営学の英知を結集して、2030年の企業とマネジメントのあるべき姿について意見を交わしました。

 10月6日の基調講演「人生100年の幸せな働き方と社会変革」では、長寿社会の未来を提示した『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)―100年時代の人生戦略』などの著書で知られる英ロンドン・ビジネス・スクールのリンダ・グラットン教授が登壇。一緒に登壇するのは、日本の幸福学研究の第一人者で、幸せのメカニズムに着目する慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司教授です。サンリオエンターテイメントの小巻亜矢社長がモデレーターを務め、雇用の未来と「幸福な」マネジメントについて語ってもらいました。

人生100年の幸せな働き方と社会変革

小巻亜矢(サンリオエンターテイメント社長、以下小巻氏):人生100年といわれるように、私たちは以前よりもはるかに健康的に長生きできるようになりました。そんな中、2020年から新型コロナウイルスが感染拡大し、急速な変化の中で私たちは生きています。

 人生100年に向かって心豊かに生きるための雇用の在り方や、前向きに働き続ける生き方を社会全体で考えていかなければなりません。

 英ロンドン・ビジネス・スクールのリンダ・グラットン教授と慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司教授、どうぞよろしくお願いいたします。

 まずは皆さんにクイズです。

コロナ禍で働く場所や時間が柔軟になったことをどう感じていますか?

(A)とても幸せ  (B)幸せ  (C)不幸せ  (D)とても不幸せ

小巻氏:結果は「とても幸せ」と「幸せ」が多く、ほっとした感じがあります。明るい未来に向けて頑張ろうという人が多いのかもしれませんね。それではグラットン教授、よろしくお願いいたします。

リンダ・グラットン氏(英ロンドン・ビジネス・スクール教授、以下グラットン氏):皆さんが「とても幸せ」「幸せ」と考えていることがとてもうれしいです。平均寿命は、10年ごとに2年ほど延びており、私たちの子どもが100歳まで生きる可能性は大いに高いです。できることなら70代で病気になって、30年間病気とともに生きるのではなく、健康的に長生きしたいですよね。そのためには、どこでどのように暮らすかの選択が必要です。

 私は、日本の長時間勤務や長時間通勤といった働き方は変える必要があると長年主張してきました。コロナ禍は、これらの問題について考えるきっかけになったと思います。いくつかポイントをお話ししましょう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4490文字 / 全文5698文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「資本主義の再構築とイノベーション再興」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。