従来の日本型経営が持つ良い部分を残しつつ、どう時代に合わない部分を改め、新しい良さや価値観を付け加えていくか。日経ビジネスLIVEでは9月28日、29日の2日間にわたり、「スモールビジネスから始まる『ネオ日本型経営』」と題したウェビナーを開催した。

 28日のキーノートセッションでは、住宅設備大手LIXIL社長兼CEO(最高経営責任者)の瀬戸欣哉氏が登壇。「LIXILはいかに変革のスピードを上げたのか」をテーマに、瀬戸氏の経験とともに新たな日本型経営について語った。その模様をアーカイブ動画とともにお伝えする(構成:森脇早絵、アーカイブ動画は最終ページにあります)。

磯貝高行・日経ビジネス編集長(以下、磯貝):本日は「ネオ日本型経営」をテーマとするウェビナーのキーノートとして、LIXILの瀬戸欣哉社長兼CEOに、「LIXILはいかに変革のスピードを上げたのか」と題して講演いただき、新しい日本型経営について考えたいと思います。瀬戸さん、よろしくお願いいたします。

瀬戸欣哉・LIXIL取締役代表執行役社長兼CEO(以下、瀬戸氏):よろしくお願いします。私は1983年に住友商事に入社し、2000年に産業資材をインターネットで販売する「MonotaRO」という会社を始めました。それが成功したことで、この会社と同じようなビジネスモデルをいろいろな国でつくる機会を得まして、米WWグレンジャーの副社長も務めました。

 MonotaROを辞めた後、2016年にLIXILに入ってCEOに就任するのですが、2018年10月に創業家との間で意見が一致せずに解任されました。ところが2019年6月に株主の支持を得て、現職に復帰しました。

 MonotaROは、従業員が少なく、歴史も20年くらいしかないのですが、LIXILよりも時価総額は大きい。日経ビジネス2016年1月11日号(特集「日本が危ない 先送り経営と決別せよ」)の「独自調査 成長率ランキング100」では、MonotaROがリーマン・ショック以降、日本で1位、世界では9位の成長と紹介されました。私が携わってきたのは、住友商事、MonotaRO、LIXILで、「大きい会社から小さい会社まである」と言われますが、時価総額としては3社ともそれほど変わらない規模なのです。

MonotaROが掲げた3つのルール

瀬戸氏:MonotaROを始めたとき、次のように考えました。まず新しいビジネスをやろうとしても、必ず既存のプレーヤーがいる。既存のプレーヤーは、既存のルールで戦う方法にたけているし、優れた人材もいる。そういう会社に勝つためには、とにかくゲームのルールを変えねばならないと思ったのです。

 そこで挑戦したのは、一物多価あるいは価格が不透明だった取引において、どんな企業にも同じ値段でネット販売することでした。ネットで検索しやすくして、(利用者の)利便性を向上させる。その一方で(他社の)参入障壁を高めるべく、顧客に細やかな対応をするデータベースを充実させたのです。

 MonotaROでは、新入社員に3つのルールについて話をしました。

 1つ目は、ビジネスで出会う人に敬意を払うことで、ポイントは2つあります。1つは、互いに敬意を払う会社であれば、コミットメントを高めて、社会に貢献できるだろうということです。1つの目標に向かうスピードが速まるだけでなく、インテグリティーが湧くのです。

 もう1つは、相手に敬意を払う(ため)には、相手のことを知る必要があるということです。相手を知ろうとする努力そのものが、結果的にスピードを生む。互いをよく知り、互いに敬意を払うチームは、(目標に向かうスピードが)より速いチームになります。

 2つ目のルールは、分からないことがあったら、小さな実験をするということです。1週間かけて(正しさが)90%の答えを出すより、1日で(正しさが)60%の答えを出せるなら、後者の方が効率的です。

 3つ目のルールは、複雑なビジネス要件はできるだけシンプルに分解する(べきだ)ということ。マクドナルドのアルバイトは1日目から自分の仕事内容を把握できるそうですが、それくらい(仕事のプロセスを)シンプルにするのです。

 分からないことは自分でやる。理解できるようになったら(自分の仕事を外部に)アウトソースしてもいい、というルールもあります。会社を始めた2000年当時には珍しかったのですが、MonotaROではすべてのシステムをオープンソースでつくりました。システムの専門家ではない私が、(プログラミング言語の)Pythonを使ってイチからコーディングをし、サーバーには(オープンソースWebサーバーソフトである)Apacheを使い、データベースはMySQLを使った。これによって、ERP(統合基幹業務システム)も理解できるようになり、結果として経営スピードが上がったのです。

続きを読む 2/5 LIXILで実践した4つの改革

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4415文字 / 全文7386文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「スモールビジネスから始まる「ネオ日本型経営」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。